世界最大、そして最も視聴者数を獲得したCS:GO世界大会『ESL One Cologne 2015』を振り返って

2015.08.28

世界最大、そして最も視聴者数を獲得した
CS:GO世界大会『ESL One Cologne 2015』を振り返って

8月20日より開幕した『ESL One Cologne 2015』は、世界中のeスポーツファンを熱狂させ、8月23日を以って幕を閉じました。
日本でも秋葉原のeスポーツ専用施設『e-sports SQUARE AKIHABARA』でオールナイト観戦会を催し、盛り上がりを見せた本大会を振り返ります(関連記事)。

先週8月20日-23日、ドイツ ケルンでFPSタイトル『Counter-Strike: Global Offensive』の史上最大級の大会が行われました。
現地の会場には毎日11,000人以上が来場し、Twitchの大会配信には各日数百万人が観戦しました。

Twitchの大会配信では合計で2,700万人以上のユニーク視聴者数を記録し、視聴者それぞれが配信を視聴した時間を合計すると、3,400万時間(3,879年分!)もの視聴時間を記録しています。
瞬間最大視聴者数は130万人を記録し前回開催したESL Oneに対して30%の伸び率を達成すると同時に、ESLおよびCS:GOにおける最大視聴者数の記録を更新しています。

本大会の決勝戦では、スウェーデンのプロチームFnaticがフランスのEnVyUsを破り、10万ドルの賞金を勝ち取りました。

さらにFnaticは、CS:GOメジャー大会で3度目の優勝かつ2大会連続優勝、いずれも新記録を樹立しています。

また、ESLではNADA(全国アンチ・ドーピング機構)とWADA(世界アンチ・ドーピング機構)の協力を得て今後のe-スポーツイベントでのアンチドーピングシステムを導入することを発表しています(関連記事)。

今回開催したESL One Cologne 2015では選手のランダムアンチ・ドーピングテストを行い、全員が陰性(=薬物反応なし)の結果となりました。

次回のESL Oneは10月3日と4日、アメリカのニューヨークでMOBAタイトル『Dota2』の大会を開催。世界のトップチームが頂点を争います。

情報元

タグ: eSportsトップニュース

大会スポンサー

おすすめ製品

JCG運営サイト

SV

R6S PS4

R6S PC

Honor

OW

FH

LoL

Challenge

コミュニティサイト

LoLcom

SC2com

OWcom

HW2com