Wargaming、SEGA・Creative Assemblyとのパートナーシップ作品『Total War: ARENA』を発表

2016.11.15

<以下、発表元のリリース内容をそのまま掲載します>

Wargamingの新しいプロダクションレーベル『Wargaming Alliance』が始動!
第一弾タイトルはSEGAとCreative Assemblyとのパートナーシップ作品
free-to-playタイトル、『Total War: ARENA』

全世界1億1,000万人以上の会員数を誇るオンラインタンクバトル『World of Tanks』を開発・運営するWargaming は、本日11月15日(火)、かねてより準備段階にあったプロダクションレーベル『 Wargaming Alliance 』の始動を正式に発表いたしました。同時に、第一弾タイトルとして、SEGAとCreative Assemblyとのパートナーシップによる、free-to-playタイトル、 『Total War: ARENA』の情報を公開いたしました。

『Wargaming Alliance』は、外部の企業、開発者に対し、free-to-play市場への参入をサポートするプロダクションレーベルです。開発や出版に向けてのツールやリソース、Wargamingが培ってきた、プラットフォームの知識や経験、さらに1億1000万人を超えるWargamingの会員へのアクセスを提供したいと考えております。

長らく準備段階にあった『Wargaming Alliance』は、この度SEGAとCreative Assemblyとのパートナーシップによる、第一弾タイトルとして、『Total War: ARENA』をみなさまにお届けすることを発表する事ができました。

『Total War: ARENA』はSEGAとCreative Assemblyによる、最大10対10のチーム対戦を楽しめるオンラインゲームとして開発されているタイトルです。1人のプレイヤーが複数のユニットで構成される軍団を率い、仲間と協力しながら相手の勢力下にある都市の攻略を試みるというRTSベースのゲームになります。高い戦略性とチームワークが重要となる作品です。

『Wargaming Alliance』と『Total War: ARENA』については、『Wargaming Alliance』公式サイトをご確認ください。

『Wargaming Alliance』公式サイト

(C) Wargaming.net

情報元

タグ: プレスリリース

大会スポンサー

おすすめ製品

JCG運営サイト

コミュニティサイト