世界大会『World Cyber Arena(WCA)』DOTA2部門でNewbeeが優勝

  • Dota2
  • negitaku
  • negitaku_dota2

2014/10/05 16:02

『World Cyber Arena』(WCA)

世界大会『World Cyber Arena(WCA)』DOTA2部門 決勝戦 China Newbee vs World Cloud9が行なわれ、Newbeeが優勝となりました。

World Cyber Arena(WCA)

『World Cyber Arena(WCA)』は、賞金総額2,000万人民元(約3.3億円)にて中国で開催中の競技ゲームの世界大会です。

大会は7つのゲームで実施されており、DOTA2部門の決勝戦で、7月に開催された世界大会『The International 4』の優勝チーム China Newbee が優勝となりました。

DOTA2部門

順位

  • 1位: China Newbee - 210万人民元 (約3,753万円, 1人民元=17.87円)
  • 2位: World Cloud 9 - 55万人民元 (約983万円)
  • 3位: Sweden Alliance - 25万人民元 (約446万円)
  • 4位: China Vici Gaming - 20万人民元 (約357万円)
  • 5位: China LGD Gaming - 20万人民元 (約357万円)
  • 6位: Malaysia Team Malaysia - 20万人民元 (約357万円)
  • 7-8位: China Invictus Gaming - 20万人民元 (約357万円)
  • 7-8位: Ukraine Natus Vincere - 20万人民元 (約357万円)

スケジュール (日本時間)

Grand Final

  • Japan 10/05(日)China Newbee [3-0] World Cloud 9
    • China Newbee [1-0] World Cloud 9
    • China Newbee [1-0] World Cloud 9
    • China Newbee [1-0] World Cloud 9

Grand Final は Best of 5 形式で実施され、3ゲームで先に勝利したチームが優勝となります。勝者側トーナメントを勝ち上がっている China Newbee には1ゲーム分のアドバンテージが適用されました。

GAME1
Newbee [vs] Cloud 9

GAME2

Newbee [vs] Cloud 9

1試合目は1時間にわたるロングゲーム。
2試合目はお互いに交戦だらけのゲーム展開で非常に見応えがありました。

最終的に、3-0で China Newbee が優勝し、約3,700万円の賞金を獲得しています。

情報元

記事一覧へ戻る