JCG

▶︎ about JCG

『DOTA2 Asia Championship』の賞金総額がアイテム課金の売上配分により200万ドル(約2.3億円)を突破

  • Dota2
  • negitaku
  • negitaku_dota2

2015/01/17 22:37

DOTA2 Asia Championship

Dota 2大会『DOTA2 Asia Championship』の賞金総額がアイテム課金の売上配分により200万ドル(約2.3億円)を突破しました。

DOTA2 Asia Championship

『DOTA2 Asia Championship』は、招待8チーム、予選通過8チームの計16チームが参加し、2月5~9日に中国の上海で決勝大会が実施されます。

大会の基本賞金総額は25万ドルで、大会向けのゲーム内アイテム「Dota 2 Asia Championship 2015 Compendium」が購入される度に売上の25%が賞金総額に追加される仕組みとなっています。

このシステムにより、大会の賞金総額が本日で200万ドル(約2.3億円, $1=117.59円)を突破しています。

賞金総額

現時点で、これまでに開催された大会の中で5番目に位置する高額賞金となっています。

賞金総額ランキング

  • 1位: The International 4 (DOTA2) – $10,931,103
  • 2位: The International 3 (DOTA2) – $2,874,407
  • 3位: Smite World Championship – $2,612,260
  • 4位: League of Legends 2014 World Championship – $2,130,000
  • 5位: DOTA2 Asia Championship - $2,003,506以上

ファイナル出場チーム

  • China Invictus Gaming (招待)
  • China LGD-Gaming (招待)
  • China Newbee (招待)
  • China Vici Gaming (招待)
  • Korea MVP.Phoenix (招待)
  • Philippines Rave (招待)
  • United States Evil Geniuses (招待)
  • Europe Team Secret (招待)
  • China Tongufu.wanzhou (アジア予選1位)
  • China CDEC Gaming (アジア予選2位)
  • China EHOME (アジア予選3位)
  • China Big God (アジア予選4位)
  • Russia HellRaisers (ヨーロッパ予選1位)
  • World Cloud 9 (アメリカ予選1位)
  • Europe ワイルドカード予選1位
  • Europe ワイルドカード予選2位

ワイルドカード予選 - 2015年1月28日

  • China Wings Gaming
  • China Energy Pacemaker
  • Belarus Power Rangers (ヨーロッパ予選2位)
  • Ukraine Natus Vincere (ヨーロッパ予選3位)
  • China HyperGloryTeam (中国予選5位)
  • China Speed Gaming (中国予選6位)
  • China Dota2 Secondary Pro League 2014 1位
  • China Dota2 Secondary Pro League 2014 2位

最後の2チームは、上記8チームが出場するワイルドカード予選で決定されます。

情報元

記事一覧へ戻る