JCG

▶︎ about JCG

JCGの1週間がひと目で分かる『JCG BATTLE REPORT』 第2回

  • JCG
  • JCGトップニュース
  • BATTLEREPORT

2015/08/12 18:30

JCG BATTLE REPORT
JCG BATTLE REPORT:第2回

1週間のJCG大会が1ページで分かる『JCG BATTLE REPORT』、毎週火曜日に更新!
第2回は7月31日(金)から8月3日(月)に行われた大会を振り返ります。
期間中に開催した大会は以下のとおりです。

JCG Open

日付 大会名
8月1日(土) World of Tanks 3on3 Enjoy CUP Basic League Day1
8月3日(月) JCG Battlefield 4 Open 2015 Summer Day3

JCG Master

日付 大会名
8月1日(土) JCG Battlefield 4 Master 2015 Summer Day4
8月2日(日) JCG Counter-Strike: Global Offensive Master 2015 Summer Day1

ESL

日付 大会名
8月1日(土) ESL Battlefield 4 Asia Open League Summer 2015 Playoffs Day1

ダイジェスト目次

JCG Openダイジェスト

JCG Openは初心者向けの大会です。殆どのOpen大会では登録者の中から当日ランダムでチームが作られるため、本格的な大会を未経験な方やチームに所属していない方でも気軽に参加できます。
今週はWorld of TanksとBattlefield 4の2タイトルで開催しました。

World of Tanks 3on3 Enjoy CUP Basic League Day1

長らくESLがメイン戦場となっていたオンラインタンクバトル「World of Tanks」ですが、満を持してJCG大会が復活、8月1日に『World of Tanks 3on3 Enjoy CUP Basic League Day1』を開催しました。
今大会は3対3形式となっており、現在ESLで行われているGo4WoTや、以前にJCGで行ったJCG Season Cupで採用されている7対7形式とは全く異なる戦いが繰り広げられました。

今回開催した『Basicリーグ』は入門者向けのリーグで、JCGで実施するAリーグ、Bリーグのいずれかで決勝戦に進出した選手は出場不可という制限を設けています。
各リーグ共に上位入賞チームにはゲーム内通貨とStarbucksカードが賞品として贈られます。

記念すべきEnjoy CUP 2015 第1回大会には12チーム40名の戦車乗りの皆様にご参加いただきました。
12チームを6チームずつ2グループに分けてトーナメント形式で試合を行いました。勝敗の決定は決勝戦以外はBO1(1本先取)、決勝戦はBO3(2本先取)形式です。
「これ本当に入門者向けの大会なのか!?」という内容ですが、第一回なのでご容赦ください。次回以降はもっとベーシックな戦いになります。

グループ1では、当日駆け込みで登録を済ませた『放課後ピータイム(以下、HPT)』とクラン「We Are Fighting for Kaiser's Satisfaction」のメンバーで構成された『大佐幼女とWAFKS幼稚園』がそれぞれ決勝へと駒を進め、激突しました。
なんとも戦車乗りらしいある意味ダーティな字面で決勝が争われたわけですが、試合内容はハイレベルもいいところ。それもそのはず、決勝進出の6名すべて1万試合に迫るか優に上回るというとてつもない戦績を持つ猛者たちでした。
中でもHPTのCharlotte_Tiger_TS選手の戦績は凄まじく、(2015/08/03時点で)約27000試合を経て勝率65.51%という脅威の戦績を叩き出すSuper Unicum級のプレイヤーです。

HPTは2戦引き分けで迎えた2マップ目エンスクで立て続けに2連勝。
3マップ目を手堅く引き分け、5戦 2勝 3引き分けで放課後ピータイムの勝利となりました。

グループ2では、マルチゲームクラン「TokyoRose」のメンバーから成るチーム『丘people(以下、OKP)』と、「B-Gaming」のメンバーとしてESL Go4WoT アジア大会では6月に準優勝まで上り詰めた某ミステリーハンター番組のファン3人組『世界○しぎ発見(以下、SFH)』の2チームがそれぞれ決勝へと駒を進め、戦いました。
今回はいろいろと危ない字面の対戦カードになっていますが、そこは戦車乗りなので仕方なし。こちらもとてつもない熱戦が繰り広げられます。

お互い 1勝1敗 3引き分けで迎えた最終戦。
じりじりと進む試合でしたが最後はSFHが残り4分で3輌揃って突撃!しかしOKPは落ち着いてこれを対処。3輌を残し、丘peopleが最終戦を勝利しました。

JCG Battlefield 4 Open 2015 Summer Day3

PC版Battlefield 4は今シーズン2回目のOpen大会を8月3日(月)に行いました。豊富なゲームルールと大人数での激しい銃撃戦が魅力のFPS(一人称シューティング)タイトルであるBF4では、アンケート等を元に毎回異なるゲームモードでJCG Open大会を開催しています。

今回はドラマティックな試合展開で人気のあるBF4ならではのモード、5on5の分隊オブリタレーション ルールで試合を行いました。参加方式は個人登録後、当日シャッフルを行い即席チームを結成して試合を行うものです。

ボールを奪って相手のゴールにシュート…もとい1個の爆弾を奪い合って相手の陣地を爆破するだけというスポーツライクでシンプルなルールの分隊オブリタレーション。
今回は総勢100名にご参加いただき超エキサイティングな大爆破祭が催されました。

 

JCG Masterダイジェスト

JCG Masterはチームに所属あるいはチームを設立して活動を開始した方や、オープンで十分な戦績を残せるようになった方が参加する大会です。
必然、Openよりも一段上のレベルの大会となっており、見応えのある試合が展開されます。

 

JCG Battlefield 4 Master 2015 Summer Day4

PC向けFPSタイトルBattlefield 4の大会「JCG Master 2015 Summer Day4」を8月1日(土)に開催しました。 JCG Battlefield 4 Masterは、事前にチーム登録を行った上で参加する大会です。各チームが連携を意識したハイレベルな戦いを展開します。また、グループで優勝することで上位の大会であるPremierへの出場権を得られます。
採用ルールは5on5ドミネーション、拠点の確保や敵を倒すことで減少するチケットを先に200点分削りきったチームが勝利します。
今回は出場した15チームを2グループに分けてのトーナメント形式となりました。

グループ1では、『NIE AUFGEBEN(以下、N A)』と『Chevalier SaWs(以下、CvL)』がそれぞれトーナメントを勝ち上がり、決勝で対戦しました。

前半戦、N Aは盤面を優位に進め62点という大きなアドバンテージを確保しました。
試合後半、何度もスコアがひっくり返る激しい攻防が繰り広げられましたが、最終的にはN AがCvL側のポイントを削り切る形で前後半戦共に勝利を収めました。
これをもってチームNIE AUFGEBENがJCG Premier 2015 Summerへ進出です!

グループ2では、『Navy』と『EAST SOLDIER GAMING(以下、eS)』がそれぞれ激戦をくぐり抜け、決勝戦でぶつかりました。
配信ではお見せすることができませんでしたが、こちらでも非常に熱い展開がありました。
前半戦、50点のリードを保って試合を収めるNavy。しかし、後半戦では開始8分にして30-140でeSがリード。序盤のスコアを鑑みても3倍、圧倒的な点差をつけられ敗北目前まで追い詰められます。
ところが、ここから脅威の粘り腰を見せ、残り2点までチケットを削られながらも紙一重でNavyの勝利となりました。

JCG Counter-Strike: Global Offensive Master 2015 Summer Day1

JCGでは今年より取扱いを開始した世界最多の人口を有するPC用FPSタイトル『Counter-Strike: Global Offensive(以下、CS:GO)』。
8月2日(日)に、第2シーズン初日となる「JCG CS:GO Master 2015 Summer Day1」を開催しました。

JCG CS:GO Masterは、事前にチーム登録を行った上で参加する大会です。各チームが連携を意識したハイレベルな戦いを展開します。また、グループで優勝することで上位の大会であるPremierへの出場権を得られます。
勝敗は、攻撃側と防御側に分かれて15ラウンドずつ対戦を行い、いずれかのチームが16ラウンドを先取した時点で勝利となります。

今大会では参加登録可能な上限である32チームが登録開始から数日で埋まるというSpringシーズンから衰えぬ人気の高さを見ることができました。
出場した32チームを8チームずつ4グループに分け、トーナメント形式で各グループの優勝チームを決定しました。

第1グループでは、『pia' Ground(以下、pia'G)』と『Ast』がそれぞれトーナメントを勝ち進み、決勝戦を戦いました。
両チーム共に今シーズンから参戦。実力は未知数ですが、特筆すべきはpia'Gの本大会での戦績です。なんと第1回戦を16-0のストレート勝ち。続く準決勝も16-2と圧倒的な強さを見せます。
そして決勝戦、16-5という結末を迎え、本大会わずかに7ラウンドを落とすのみ。チームpia' Ground最速でPremier進出を決めました。

第2グループの名勝負は準決勝。前シーズンPremierまで進んだ強豪『Team Duration(以下、DrN)』に相対するのは、今シーズンから参戦、実力未知数のチーム『4thINM 迫真CSGO部(以下、N0nkE)』。
下馬評ではDrN優位が予想される本試合ですが、N0nkEが1ラウンド目から5人全員二丁拳銃で突撃(なお、5人まとめてやられた模様)するユニークな戦術や男気あふれる(?)プレーを駆使した結果、試合は延長戦までもつれ込みます。
延長3ラウンドをDrNが連取、4ラウンド目N0nkEが巻き返しを見せますが、5ラウンド目、敢えなく敗北。決勝にはDrNが進出しました。

続く決勝戦、トーナメント櫓の反対側でも接戦が繰り広げられ、そこを勝ち進んだ『fify@infeAshort9-44(以下、fa9)』とDrNが激突しました。
前半、fa9が防衛側としてスコアを重ねます。後半もそのリードを守りきり、16-9と危なげなく勝利。全体として接戦が多かったグループ2ですが、優勝を決めたのはfify@infeAshort9-44。Premier進出です。

第3グループ、決勝戦に進んだのは、チーム『鵺』と『team 4Rhythm(以下、-4Rtm)』。鵺は準決勝にて前シーズンPremier進出の強豪GlobalLifeを、16-14の接戦の末に下しています。
決勝戦のマップは防衛側有利と言われています。後攻の鵺は前半を手堅く守り、11-4で前半を終えます。後半-4Rtmが追い上げるも、最終的なスコアは16-9。『』が優勝を飾りました。

第4グループでは、1回戦から前シーズンのPremierに出場した強豪チームが激突しました。争うのは-Wisから改名した『Argentavis(以下、Avis)』と『Team FREED !!(以下、FREED)』。
序盤は一進一退の攻防が繰り広げられましたが、徐々にFREEDが引き離し、16-10でFREEDの勝利となりました。

この勢いのまま、FREEDが決勝進出、決勝戦では『Arap Gaming』を下して、第4グループはTeam FREED!!優勝となりました。

ESLダイジェスト

JCGは、世界で最も大規模なeスポーツ大会を運営する『ESL』と提携しています。現在、ESLが主催する日本からも参加可能なアジア圏国際大会に、特にスポットを当てて日本語配信等を行っています。

ESL Battlefield 4 Asia Open League Summer 2015 Playoffs Day1

7月3日(金)より開幕した、ESLが主催するアジア圏Battlefield 4国際大会『ESL Asia Open League Summer 2015』シーズンの締めくくりとなる大会の第1日目が7月31日(金)に実施されました。
本大会はこれまでに開催されたESL Asia Open League Summer 2015で上位入賞を果たしているチームが出場する大会で、日本からはチーム『DetonatioN BYCM』『Lily of the Valley』が出場しています。この日、DetonatioN BYCMが戦った初戦の模様をJCGで日本語配信しました。

プレイオフ第1回戦 、日本の『DetonatioN BYCM』と国際チーム『BindyGeeks』の対戦です。試合方式はBO3。2本先取で勝利となります。
1マップ目Operation LockerはBindyGeeksが先取。続く2マップ目Paracel StormはDetonatioN BYCMが取り返し、両者一歩も譲らず決着は3マップ目Golmud Railwayに持ち越されることとなりました。3マップ目前半戦を47チケット差で落とし、後がなくなったDetonatioN BYCM。後半戦は優位に進めるも、優位なまま前半戦のチケットを割り、1回戦敗退となりました。
映像は勝負の分かれ目となったBフラッグ範囲内での攻防。Akagami選手が倒れ、Bフラッグを奪われた瞬間、試合の流れが完全にBindyGeeks側に傾いてしまいました。

編集後記

本日22時からはESL Battlefield 4 Asia Open League Summer 2015 Playoffs Day2、日本『Lily of the Valley』とシンガポール『No Use Talking』の試合を配信予定です。
観戦URL等、詳細は下記リンク先をご確認ください。

以上、JCG BATTLE REPORTでした。次回は8月11日(火)公開を予定しています。お楽しみに!

JCG BATTLE REPORTのバックナンバーはこちら!

記事一覧へ戻る