JCG

▶︎ about JCG

JCGの1週間がひと目で分かる「JCG BATTLE REPORT」始めました

  • JCG
  • JCGトップニュース
  • BATTLEREPORT

2015/08/12 18:30

JCG BATTLE REPORT
JCG BATTLE REPORT:第1回

JCG 2015 Summer Season開始から約1ヶ月が経過しました。
今週より、1週間のJCG大会が1ページで分かる『JCG BATTLE REPORT』を毎週更新いたします。
第1回は「7月22日から7月28日」に開催したJCG大会のダイジェストをお送りいたします。
期間中に開催した大会および参加者数・チーム数は以下のとおりです。

JCG Open

日付 大会名 参加者数
7月23日(木) JCG Battlefield 4 Open 2015 Summer Day2 106
7月24日(金) JCG HearthStone Season3 Open Day2 62

JCG Master

日付 大会名 参加者数 参加チーム数
7月24日(金) JCG Hearthstone Pro League Season2 決勝T Day1 7 -
7月25日(土) JCG Hearthstone Pro League Season2 決勝T Day2 4 -
7月25日(土) JCG BF4 Master Summer Day3 139 19
7月26日(日) JCG League of Legends Master 2015 Summer Day4 41 7

JCG Premier

日付 大会名 参加者数 参加チーム数
7月26日(日) JCG Battlefield Hardline Geforce: Challenge 決勝トーナメント 80 9

ダイジェスト目次

JCG Openダイジェスト

JCG Openは初心者向けの大会です。殆どのOpen大会では登録者の中から当日ランダムでチームが作られるため、本格的な大会を未経験な方やチームに所属していない方でも気軽に参加できます。
今週はPC版Battlefield4とHearthstoneの2タイトルで開催しました。

JCG Battlefield 4 Open 2015 Summer Day2

PC版Battlefield 4は今シーズン2回目のOpen大会を7月23日(木)に行いました。豊富なゲームルールと大人数での激しい銃撃戦が魅力のFPS(一人称シューティング)タイトルであるBF4では、アンケート等を元に毎回異なるゲームモードでJCG Open大会を開催しています。
今回は上位の大会でも利用されている最も定番モード『5on5ドミネーション』で行いました。しかし、使用マップはこれまで一度も使用していないBF4最後のDLC『Final Stand』のマップオンリーです。
珍しいルールでの開催のためか普段よりも多くの方に参加いただき、総勢105名と大賑わいの大会となりました。

JCG Hearthstone Open 2015 Season3 Open Day2

PCからスタートしスマートフォンへの対応も果たした、今世界で最も熱い対戦型カードゲームHearthstoneのOpen大会を7月24日(金)に開催しました。
JCGのHearthstone大会は初心者向けのOpenとOpenを勝ち抜いた方向けのPro Leagueの2大会を同日に開催しています。

今大会でPro Leagueへの出場権を得たのはこちらの8名(敬称略)です。

  • Kno#1971
  • Daniko#1689
  • yutori#1760
  • Sorato#1511
  • rin#1965
  • xhrsx#1295
  • DTwo#1862
  • void#1248

中でも注目のプレイヤーはKno選手です。開発元であるBlizzard社が開催する大会への出場権となるWCSポイントを獲得しているWCSポイントホルダーであり、なんと国内WCSポイントランキングでは単独首位の強者です。
8月7日より開始されるPro League Season3での活躍には要注目です。

JCG Masterダイジェスト

JCG Masterはチームに所属あるいはチームを設立して活動を開始した方や、オープンで十分な戦績を残せるようになった方が参加する大会です。
必然、Openよりも一段上のレベルの大会となっており、見応えのある試合を展開されます。

JCG Hearthstone Pro League Season2 決勝トーナメント

PC・スマートフォン向け対戦型オンラインカードゲーム「Hearthstone」のPro League Season2決勝トーナメントを7月24日(金)と7月25日(土)の2日間に渡って開催しました。
Hearthstone Pro Leagueは前シーズンのHearthstone Openを勝ち抜いた選手たちが、最強の一人を決定する大会です。
Pro Leagueの勝者には賞金と開発元であるBlizzardが主催する最大級の公式世界大会World Championshipへの切符となるWCSポイント、そしてJCG Hearthstone最大の大会であるチャンピオンシップへの出場権が贈られます。

今回行われた決勝戦では、前大会からの因縁浅からぬcross7224選手とcivila選手が激突しました。
Season1では、この二人は準決勝で対戦していますが、結果は3-0でcivila選手の圧倒的勝利という結末を迎えています。当然、今大会ではcross7224選手側ではcivila選手対策が成されているはずです。

接戦の末、試合は最終ラウンドまで縺れ込みました。
追い込まれた盤面を立て直そうと画策するcross7224選手。しかし、試合を決めたのはcivila選手から放たれるこのカードでした!

最終的な結果は3-2でcivila選手の勝利です。見事JCG Hearthstone Pro League 2連覇を果たしました。
続くSeason3は8月7日(金)よりグループリーグを開始します。civila選手は3連覇なるか。過去最高レベルの強豪がグループリーグへと駒を進めています。
JCG Hearthstone Pro League Season3にも乞うご期待!

JCG Battlefield 4 Master 2015 Summer Day3

PC向けFPSタイトルBattlefield 4の大会「JCG Master 2015 Summer Day3」を7月25日(土)に開催しました。
JCG Battlefield 4 Masterは、事前にチーム登録を行った上で参加する大会です。各チームが連携を意識したハイレベルな戦いを展開します。また、グループで優勝することで上位の大会であるPremierへの出場権を得られます。
今回は出場した17チームを3グループに分けてのトーナメント形式となりました。

各グループ優勝を果たしたチームをご紹介します。
第1グループ優勝は、チーム『Cats』です。2015年4月25日に新設されたチームで、JCG Masterへの出場はSummer Seasonからとなっております。
初出場となったMaster Day1, 続くDay2いずれも3位内入賞を果たしおり、チームとしての戦歴が浅いながらも最近メキメキと実力を示してきているチームです。

第3グループ優勝は、チーム『EasyGame』です。
EasyGameは昨年10月に設立されたクランで、JCGでは昨年12月に開催されたSeason7より参戦しています。前季Spring SeasonではJCG Premierにも出場している、実力あるチームです。

特に注目なのは、第2グループの決勝戦「RE BOOT vs HK FUNNY PLAYERS」の試合。劇的な逆転劇が起こりました。
前半戦終盤、残りのチケット数は8対6と、RE BOOT側優位で試合が展開します。HK FUNNY PLAYERSにとって最後の砦であるBフラッグの攻防でRE BOOT側が2人で攻め入りますが、対するHK FUNNY PLAYERSは[HKF]Hanyaharu選手たった一人で防衛に当たります。圧倒的不利と言える場面ですが、見事二人抜きを達成し、ここを守り切ります。その甲斐あって前半戦は0-4でHKF側の勝利となります。

しかし、RE BOOTもここで散ってしまうつもりはないと言わんばかりに続く後半戦では前半の遅れがなかったかのような獅子奮迅の戦いぶりを見せます。
最終的な試合結果は86-0、光るモノを見せながらもHK FUNNY PLAYERS準優勝、RE BOOT優勝となりました。

JCG League of Legends Master 2015 Summer Day4

世界最大のプレイヤー人口を誇るMOBA(Multiplayer Online Battle Arena)タイトル「League of Legends(以下、LoL)」の大会『JCG Master 2015 Summer Day4』を7月26日(日)に開催しました。
LoLのJCG Masterは、事前にチーム登録を行った上で参加する大会です。各チームが連携を意識したハイレベルな戦いを展開します。
また、グループで優勝することで上位の大会であるPremierへの出場権を得られます。
今回開催したJCG Master 2015 Summer Day4は、8月9日より開催するJCG Premier 2015 Summerへの最後の出場枠を賭けた大会です。

ゲームは35分、6000ゴールドのアドバンテージを持ちながらドラゴンを狙うチームmaaaa。それを警戒していたチームMighty Hatedが5人でプレッシャーをかけて、きっちりドラゴンを倒すもそのタイミングを皮切りに攻撃を集中させるチームmaaaa。チームMighty Hatedの反撃をかわし、相手チームを全滅させます。
勢いに乗ったチームmaaaaがそのまま押し切り優勝。最後のPremier出場枠を手にしたのは、チーム『maaaa』となりました。

maaaaは、JCG LoL開幕当初から参戦している古豪でJCGグランドチャンピオンシップ2014では優勝を成し遂げたプロチームRascal JesterのリーダーCROOZ RJ apaMEN選手が率いるチームです。
今回はチームRascal Jesterとしてではなくプライベートでの参加のようですが、見事優勝しJCG Premier Summer 2015への最後の切符を獲得しました。

JCG Premierダイジェスト

JCG Premierは、JCG Masterでの優勝者がそのシーズンの頂点を賭けて競い合う、最もハイレベルな大会です。
JCG Premierの優勝者には賞金と、年間王者を決定するJCGグランドチャンピオンシップへの出場権が贈られます。

JCG Battlefield Hardline GeForce: Challenge 決勝トーナメント Day2

JCG Battlefield Hardline Geforce: Challengeは、NVIDIA主催、本タイトルの開発元であるエレクトロニック・アーツ公認のPC版Battlefield Hardlineトーナメントです。
本トーナメント以前に行った、JCG Battlefield Hardline Masterでの戦績からRefLationがシード権を獲得した状態でトーナメントは開催されました。決勝戦はBO3、3つのマップで攻守を切り替えながら3本勝負を行い、2本先取で勝敗を決します。
これまでのトーナメントの進行により、この日行われたのは準決勝戦以降の試合です。準決勝ではRefLationとSCARZ、REASONとFIRSTMAGNITUDESSTAがそれぞれ対戦した結果、RefLationとREASONが決勝戦で激突することとなりました。
ここまで、直接対戦の戦績ではRefLationが3-0で勝ち越していますが、最後の対戦から既に1ヶ月が経過しています。ここにきて、REASONが積み上げたであろうRefLation対策が活きるのでしょうか?

第1マップ Bank Job
最終ラウンドまで一進一退の攻防が続きましたが、ゲーム終盤、攻め側での戦い方を熟知しているRefLationが屋内での銃撃戦を制して11-9で勝利。ギリギリのタイミングで味方を蘇生して人数差で優位に立つなどといった、RefLationの連携力、豊富な戦術が活きたゲームでした。

第2マップ Hollywood Heights
前半戦は一進一退の攻防が続きましたが、後半戦、REASONのStasis選手がRefLation側の建物への侵入を上手く抑えることができ、逃げ切って7-11で勝利することが出来ました。

第3マップ Dust Bowl
高低差が少なく開けたスナイパー向けのマップですが、REASON側のスナイパーStatis選手の屋上からの狙撃でRefLation側の立ち回りを牽制することに成功し、7-11で勝利。ArfanaX選手の射撃スキルの高さも光っていました。

最終的な結果は2-1、REASONが見事に王者RefLationを下しました。圧倒的戦績でMasterを駆け抜けたRefLationの勝利を誰もが予想していた本大会、最後の最後でREASONが大どんでん返しを起こし閉幕となりました。

今週末の大会開催予定

今週末の大会は以下の日程で行います。

8月1日(土) World of Tanks 3on3 Enjoy CUP Basic League Day1
8月1日(土) JCG Battlefield 4 Master 2015 Summer Day4
8月2日(日) JCG Counter-Strike: Global Offensive Master 2015 Summer Day1

▼各大会の詳細はこちらをクリック

World of Tanks 3on3 Enjoy CUP Basic League Day1

長らくESLがメイン戦場となっていたオンラインタンクバトル「World of Tanks」ですが、満を持してJCG大会が復活しました。
今大会は3対3形式となっており、現在ESLで行われているGo4WoTや、以前にJCGで行ったJCG Season Cupで採用されている7対7形式とは全く異なる戦いが予想されます。

大会は2つのリーグ『Advancedリーグ』と『Basicリーグ』に分けて行い、参加者は実力に合わせたリーグで戦車バトルをエンジョイすることができます。
今回開催するBasicリーグは入門者向けのリーグで、第1回に関しては「チームメンバー数が3~4人」以外の参加資格は設けられていません。第2回以降のBasicリーグでは、AdvancedリーグおよびBasicリーグのいずれかで優勝経験がある選手は出場不可という制限を設けます。

開催目前にして出場者も出揃いつつあります。中でも注目チームはJCG Season Cupを2連覇し、ESL Go4WoTではAsia June Monthly Finalsで準優勝を成し遂げている強豪チーム『B-Gaming』のメンバーがチーム『世界○しぎ発見』『OmuriceRepublic』の2チームに分かれて登録しています。
既に9チームの登録があるため、別グループになる可能性はありますが、是非両チームには同じグループで激突してハイレベルな内乱をお見せいただきたいところです。

試合の配信は明日8月1日(土)19時30分からとなります。

JCG Battlefield 4 Master 2015 Summer Day4

今回開催されるJCG BF4 Master 2015 Summer Day4は、JCG BF4 Premier 2015 Summerの最後の出場枠を賭けた戦いとなります。

現在登録チーム数は14。このチーム数であれば、この中から2チームがJCG Premierへ進出することとなります。
現在登録しているチームではこれまでのJCG Premierへの出場記録のあるチームはなく、今シーズンから新設されたチームがほとんどであるため、全く優勝候補が読めないという状況になっております。ここまでの戦績からするとJCG Master 2015 Summer Day1からDay3まですべてで3位以内に入賞しているチーム『どんたこす』、そしてJCG Master 2015 Springでは3度の3位入賞、今シーズンも調子が整いつつあるチーム『ArmedZhanLine』、これらの2チームが実力的には一歩リードしているという形です。しかし、前シーズンPremierへの出場経験を持つチームX.K Troopersのメンバーを中核とした新設チーム『EAST SOLDIER GAMING』がダークホースとなることも予想されます。

混迷のJCG BF4 Master 2015 Summer Day4は明日8月1日(土)20時より配信開始です。

JCG Counter-Strike: Global Offensive Master 2015 Summer Day1

今シーズンのJCG CS:GO Master 2015 Summerは8月2日(日)よりスタートします。

既に定員を遥かに超える出場登録を頂いており、今シーズンも白熱の予感が漂います。
JCG CSGO Master 2015 Summerでは前シーズンと同様に参加チームを8チームごとにグループに分けた上で、トーナメント形式でグループ優勝チームを決定します。
Masterで優勝すると、シーズン末に開催するJCG Premierへの出場権を得ると同時に、それ以降同シーズンのMasterには出場不可となります。

今シーズン最初のPremier出場枠を手にするのはどのチームか?やはり注目したいのは前シーズンでPremierグループリーグ進出を果たしたチームです(※前シーズンでグループリーグを突破したチームは既に今シーズンのPremier出場権を手にしているため、Masterには出場できません)。該当するチームは6チーム、一部チーム名を変更したチームもありますが6チームすべてが今大会にも参加の意思を示しています。今回は動きの大きかった3チームをご紹介します。

まずはチーム『GlobalLife』、前シーズン終了後選手の登録名が様変わり(?)し、NIFLHEIMR選手が新たに加わっています。前シーズンでは共に決勝戦に進出しているDeToNatorとRespect-Aがいるデスグループに放り込まれるという不幸に見舞われましたが今シーズンでその過酷な対戦経験が活きるか!?
そしてチーム名に変更があったチーム『La Cerisaie』、前シーズンでの登録名はdanthです。前シーズンからメンバーの変更はありません。前シーズンのPremierグループリーグでは今大会にも登録しているチーム『鵺』と対戦しており、12-16の戦績で負け越しています。心機一転した今シーズンでリベンジ成功となるか。
こちらもチーム名に変更があったチーム『Argentavis』、前シーズンでの登録名は-Wisでした。一部メンバーに変更があり、今シーズンから新たにDeXo選手、kuma選手、KURO選手が加わっています。前シーズンPremierグループリーグでは同じく今大会に出場予定のTeam Durationと対戦しており、13-16の接戦の末、惜しくも敗れております。今シーズンでリベンジなるか。

注目のJCG CSGO Master 2015 Summer第1日目は8月2日(日)19時30分より試合開始です。

以上、JCG BATTLE REPORTでした。
それでは今週末もJCGの配信で良いeスポーツ観戦ライフをお送りください!

JCG BATTLE REPORTのバックナンバーはこちら!

記事一覧へ戻る