JCG

▶︎ about JCG

ESLがAustralian Cyber Leagueとパートナーシップ契約を締結 オセアニアのeスポーツコミュニティ活性化に注力する

  • esports
  • eSportsトップニュース

2015/08/28 12:00

ESLがAustralian Cyber Leagueとパートナーシップ契約を締結
オセアニアのeスポーツコミュニティ活性化に注力する

ESLはオーストラリアのeスポーツプロバイダ『Australian Cyber League(以下、ACL)』とパートナーシップ契約を締結したことを発表した。

ESLと提携してACLが最初に行う大きなイベントとして、ACLはCrownと協力して『Crown’s $55,555 Counter-Strike Invitational | Crown Melbourne』の開催を計画している。
この大会は、FPSゲーム『Counter-Strike: Global Offensive』の大会で、世界トップクラスのチーム『Cloud9』『Virtus.pro』を招待し、オーストラリアとニュージーランドの代表チームと賞金のAU$55,555を賭けて対戦するというものだ。
現地時間10月10日の開催を予定しており、チケットの販売が今月31日より開始されるとのこと。チケット販売価格はAU$55としている。

Australian Cyber Leagueについて

ACLは2006年からオセアニア州のeスポーツ業界のパイオニアとして活動を開始、2011年からは『VIM Media & Events(以下、VIM M&E)』を立ち上げと専門的なイベント代理店事業にも着手している。ACLとVIM M&Eは高品質なイベントや映像配信をここ数年間精力的に行ってきた。それにより、現在オセアニアでは最も有名なeスポーツプロバイダとして知られるに至っている。

情報元

記事一覧へ戻る