スロベニアで開催のリゾート系ゲーミングイベント『Gaming Paradise 2015』、機材トラブルによりDota2部門が急遽中止

  • esports
  • eSportsトップニュース

2015/09/07 17:20

スロベニア ポルトロスで7日間開催の
リゾート系ゲーミングイベント『Gaming Paradise 2015』
機材トラブルによりDota2部門が急遽中止

スロベニアのポルトロスにて開催中のゲーミングイベント『Gaming Paradise 2015』にて、予定されていたメイントーナメントの一つ、Dota2部門が中止となることがGosugamersより発表された。主催者側は中止の理由を9月9日までに正式発表するとしているが、情報元によると機材トラブルが原因と推測されている。
大会にはTeam SecretやVirtus.pro、Nijas in Pyjamas他5チームが出場予定だった。
なお、もう一方のメイントーナメントであるCS:GO部門は、本来のトーナメント用PCがハードウェアの問題により使用できず、新しいPCの搬入とセットアップを行ったため、およそ12時間遅れで準備が整ったとTwitter上で発表している。

大会の配信についてはGamingRS on MLG.tvにて行われる。

情報元

記事一覧へ戻る