JCG

▶︎ about JCG

スロベニアで7日間開催のゲーミングイベント『Gaming Paradise 2015』、相次ぐトラブルに見舞われながらもCS:GO部門の大会を続行

  • esports
  • eSportsトップニュース

2015/09/09 11:31

スロベニアで7日間開催のゲーミングイベント『Gaming Paradise 2015』
相次ぐトラブルに見舞われながらもCS:GO部門の大会を続行

以前お伝えしたとおり、スロベニアのポルトロスにて開催中のゲーミングイベント『Gaming Paradise 2015』では9月10日よりスタート予定だったメインイベント、Dota2大会が開催数日前に機材トラブルにより中止となるというアクシデントが発生していた。

そして日本時間9月8日、更なるトラブル発生により大会が一時中断されたことがGosuGamersにより報じられている。
発表によると、今大会の主催者と開催地であるホテルの権利者間で契約の不履行があり、各種費用の支払いが滞っていたことに端を発して、ホテルに滞留している大会関係者や選手のパスポートが現地警察に差し押さえられるというトラブルが発生したとされている。

現在、選手たちのパスポートは無事返却され、数時間遅れでCS:GO部門の大会が再開している。
大会配信もGamingRS on MLG.tvにて無事再開された。

騒動の顛末は大会キャスターを務めるTobiWan氏が自身のTwitter上でレポートしている。

情報元

記事一覧へ戻る