プロゲーミングチームSCARZ、ロンヨンジャパンとスポンサー契約を締結

  • esports
  • eSportsトップニュース

2015/09/29 16:40

プロゲーミングチームSCARZ、ロンヨンジャパンとスポンサー契約を締結

JCGの各大会でも活躍中のプロゲーミングチームSCARZ(代表:友利洋一)が本日、株式会社ロンヨンジャパンとスポンサー契約を締結したことを発表した。
ロンヨンジャパンは、フットサルチームやサッカーチームのオリジナルユニフォーム作成を行う企業で、これまで10,000チーム以上のチームにユニフォームを提供している。
今回のスポンサー契約は日本国内におけるeスポーツの活性化や認知向上を目的として成立されたとのことだ。

SCARZについて

SCARZは2012年、Battlefield 3 クランとして活動を開始した。今年5月複数のゲームに跨って活動するマルチゲーミングチームとして活動を行うようになった。以降、活動ゲームタイトルを増やし、現在はLeague of LegendsやHearthstone、Dota2を始めとした8つのメジャータイトルで活動している。
プロとしては今年6月より活動を開始し、その翌月7月には多くのeスポーツチームを支えるG2A.comとのスポンサー契約を締結。先月8月にはPS4ソフトFIFAのプロチームを新設するにあたって、日本eスポーツサッカー協会(JeFA)をの協力提携(関連ニュース)を行っている。
近年の入賞記録としては、今月行われたLeague of Legendsの国内オフライン大会『Logicool G CUP』のJCG予選で優勝、東京ゲームショウ2015で行われた本戦で準優勝という実績を残している。また、同イベントにて開催されたDota2の国内大会『Japan Dota cup TGS2015』においてもBEST6に入賞している。

本スポンサー契約について、両代表からのコメントが発表されている。

株式会社ロンヨンジャパンからのコメント

「この度、TeamSCARZ様とユニフォームスポンサー契約をすることが実現でき嬉しく思います。幅広いジャンルのユニフォーム制作に携わる事で、スポーツを愛するより多くの人達にロンヨンジャパンのオリジナルユニフォーム、チームオーダーの素晴らしさが伝わることを願います。『マルチプロゲーミングチーム』としてチームワーク力を最大限に高め日本一を目指し、その後は世界も視野に入れて活動できることを応援しております。今後のe-sportsの活性化と認知向上にも貢献できれば幸いです。」

SCARZ代表:友利からのコメント

「この度我々SCARZは、株式会社ロンヨンジャパン様とスポンサー契約を結びました。
まずはこの度の契約を結べた事、SCARZ代表として心よりお礼申し上げます。
ロンヨンジャパン様との提携を心から嬉しく思っております。日本でE-Sportsとサッカーと云う二つが歩む事に興奮しております。我々SCARZはロンヨンジャパン様のおかげで更なる上に跳躍出来る力を得る事が出来ました。
今後もSCARZは立ち止まらず進み続けていき、今以上に皆様に応援していただけるよう努めて参ります。」

SCARZ公式サイト

情報元

記事一覧へ戻る