Riot Gamesが、ゲームキー販売業者の『G2A』のプロチームへのスポンサード差し止めを検討中

  • esports
  • eSportsトップニュース

2015/10/07 14:49

Riot Gamesが、ゲームキー販売業者の『G2A』のプロチームへのスポンサードを差し止めを検討中

リーグ・オブ・レジェンドの開発・運営元であるRiot GamesがLCS所属のプロチームに対し、ゲームキー販売サイトとして有名な『G2A』からのスポンサードの差し止めを検討している。

原因はリーグ・オブ・レジェンドで規約違反となるELOブーストを行っているサードパーティへ、G2Aのサイト上でサービスを提供できる場所を用意している事が理由だ。

この問題についてRiot GamesとG2Aは何週にも渡る協議を行ったが、合意に達する事ができなかった。この結果、9月18日の時点で差し止めを行ったと"Riot Sargonas" Eckert氏が Reddit で語っている。

G2Aのスポンサードを受けていたCloud9, Counter Logic Gaming, H2K,paiN Gamingなどのチームは、2015年のLeague of Legends World ChampionshipsにおいてすでにG2Aのロゴを削除している。

情報元

記事一覧へ戻る