JCG

▶︎ about JCG

Blizzard、10月27日からのOverwatch クローズドベータテストにて独自のボイスチャットシステム『Battle.net voice chat』を実装予定

  • esports
  • eSportsトップニュース

2015/10/23 17:05

Blizzard、10月27日からのOverwatch クローズドベータテストと同時に
独自のボイスチャットシステム『Battle.net voice chat』のテストを開始予定

Blizzard Entertainment は、10月27日(火)より新規FPSタイトル『Overwatch』のクローズドベータテストを開始することを先週発表した(関連記事)。そして本日、同社が開発中のボイスチャットシステム『Battle.net voice chat』のテストバージョンをOverwatchのベータ版クライアントに実装することを発表した。

このBattle.net voice chat は、Blizzardが各ゲームを提供するためのプラットフォームとして提供しているBattle.net の拡張アプリケーションとして提供される予定だ。クライアント組み込みではなくBattle.net 側への実装となるため、Blizzardが提供する他のタイトルでも将来的には利用可能となることが示唆されているが、どのタイトルで利用可能かということは未確定としている。

近年、H1Z1やEvolveなどアクション要素の強いタイトルではゲームクライアントと連携する独自のボイスチャット機能が実装されている。しかしながら、その品質により満足したコミュニケーション環境が得られなかったり、ボイスチャット機能によってゲームクライアントの通信に問題が生じたりという問題もしばしば発生している。
OverwatchもまたFPSジャンルであり、極めてアクション性の高い作品だ。チームの勝敗にはその連携が重要な要素となるが、ゲーム中にテキストチャットを入力する余裕はないためボイスチャットによるコミュニケーションが標準装備となるのは基本的には喜ばしいことだろう。しかもこの形式であれば、ゲーム側に悪影響が及ぶことも少ないと考えられる。もちろん、日本のプレイヤーの場合、言語の壁という別の問題も生じてくるが、ここで英語を身に付ければ一石二鳥とも言える。

情報元


記事へのご意見、ニュースの提供などお気軽にFacebookまでお寄せください。

記事一覧へ戻る