ベテラン軍人とプロゲーマーがFPSと実銃でガチンコ対決する映像をBUZZFEED VIDEOが公開

  • esports
  • eSportsトップニュース

2015/10/28 11:57

ベテラン軍人とプロゲーマーがFPSと実銃でガチンコ対決する映像を
BUZZFEED VIDEOが公開

ゲーマーなら誰しも一度は「ゲーム内の銃撃戦でこんなに強いなら現実世界で軍人が相手だったとしても、もしかしたら……」などと考えたことがあるだろう。もちろん、答えは明白なのだが、逆に「ベテラン軍人をゲーム世界の方に招いて対戦するとどうなるのか?」という疑問を解消する映像を Legends Of Gaming 協力の下、BUZZFEED VIDEO がYoutubeに公開している。また、映像後編では戦場を試射場に移し、実銃の射撃で競った。

映像前編では、プロゲーマーチームと退役軍人からなるミリタリーチームがXbox One版のCall of Duty: Black Ops III を用いて3ラウンドの2on2チームデスマッチを行っている。
プロゲーマーチームにはJohnathan "Fatal1ty" Wendel氏とJ.D. "RunJDrun" Witherspoon氏が参加。
ミリタリーチームに参加するのは、Navy SEALsに所属しイラクやアフガンを転戦、22年半の軍歴を経て現在は俳優業に就き、映画「トランスフォーマー」などに出演している Mikal Vega 氏。そしてもう一人はアメリカ海軍特殊部隊MARSOC(現マリーン・レイダース)でスナイパーチームのリーダーを務め、現在はMikal氏と同じく映画俳優としても活躍している David Lonigro 氏だ。

プロゲーマーチームの陣容を見て、この面子だと地球上の99%の人間は勝ち目がないような気もするが、ミリタリーチームの順応力の高さにも驚きだ。最初はコントローラーの持ち方一つ取ってもゲームに全く触れていないオジサンという状態で、最初のラウンドでは26対5という惨敗具合だった。ところが、3ラウンド目には9対2という目ざましい成長を遂げている。

映像後編では、試射場にて実銃を用いた射撃のスコアを競う。225メートル先の2つの的に、2射ずつ的を移しながら合計6射して何発がヒットボックスに当たり、何秒で射撃を終えるか、というのがスコアの指標となる。

前編では辛酸を舐めたミリタリーチームだったが、ここでは流石の取り回しで見事に二人共100%の命中精度を見せた。しかもDavid氏に至っては全弾が顔面のど真ん中に的中しており、流石スナイパーといった腕前だ。
一方、プロゲーマーチームは初弾こそきちんと命中しているものの、的を移動した後に放った弾丸が明後日の方向に飛んでいってしまっている。

以上、FPSゲーマーにとってはなかなか興味深い映像となっている。実銃のリコイルもあそこまで完璧に制御できるというのは驚きだ。

情報元


記事へのご意見、ニュースの提供などお気軽にFacebookまでお寄せください。

記事一覧へ戻る