デカイ!北米eスポーツチーム OpTic Gaming、新ゲーミングハウスのお家紹介動画を公開

  • esports
  • eSportsトップニュース

2015/11/04 15:22

デカイ!北米eスポーツチーム OpTic Gaming
新ゲーミングハウスのお家紹介動画を公開

コンシューマ版Call of DutyシリーズやHaloシリーズを中心にプロゲーミングチームとして活動しているアメリカのチーム OpTic Gaming は昨日、運営するYoutubeチャンネルにて、チームが活動拠点とする新たなゲーミングハウスの紹介動画を公開した。

映像はチームのオーナーである Hector "H3CZ" Rodriguez 氏自らがこの新たな活動拠点『The OpTic Scuf House』を紹介。エントランスからダイニング、シャワールーム、シアタールームなど隅々に至るまでカメラを回している。
14分弱という映像の長さからも想像できる通り、尋常ではなく広大なゲーミングハウスとなっている。
映像中のアノテーションから各選手に用意された私室紹介動画へのリンクが貼られている。その一部屋をとっても筆者の部屋が2つ~3つ入るように見えるほど非常に大きい。

選手の私室紹介映像

とにかくアメリカンでキングサイズなこの物件だが、動画タイトルのとおりOpTicのメインスポンサーである Scuf Gaming の出資により完成したようだ。
Scuf Gaming は、独特なパドルレバーつきの競技向けコントローラを開発している。純正のコントローラや他のサードパーティ製と比べると価格面では非常に高価な製品だが、この大盤振る舞い様を見るにその売れ行きはチームの成績とともに好調なようだ。

情報元

 


記事へのご意見、ニュースの提供などお気軽にFacebookまでお寄せください。

 

 

記事一覧へ戻る