MITも街のゲームショップもFallout一色に。 Fallout 4 グローバル版が発売。プレイしたユーザーの反応は――?

  • esports
  • eSportsトップニュース

2015/11/11 12:52

MITも街のゲームショップもFallout一色に。
Fallout 4 グローバル版が発売
プレイしたユーザーの反応は――?

Bethesda Softworks が開発するPC,PS4,Xbox One向けSF RPG『Fallout 4』は昨日、グルーバル版の解禁日を迎えた。日本語版の発売は各プラットフォームともに1ヶ月先となる12月17日(木)予定とされている。

シリーズの熱狂的なファンが多い欧米では、お祭り騒ぎとなり大手画像アップローダー imgur.comgaming タグ が Fallout 一色に染まった。

View post on imgur.com

米国マサチューセッツ工科大学のメイン棟エントランスにはシリーズのマスコットキャラクター Vault-boy の垂れ幕が出現している。
View post on imgur.com

各地のゲームショップにも多種多様な Vault-boy ならぬヴォルトおじさんが出現したようだ。

発売後、レビュー集積サイト Metacriticには、怒涛の勢いでユーザーレビューが投下され始め、一夜にして1000件を超えた。
事前に公開されたメディアレビューによるメタスコアでは87点と同社のタイトルとしては控えめなスコアを記録していたが、前評判が高すぎたためか実際にプレイしたユーザーからは批判の声も多いようだ。

同サイトで低評価をつける多くのユーザーは、前作 Fallout: New Vegas や Fallout 3 や同社の The Elder Scroll シリーズと比べて「悪い」という評価を下している。かいつまんで取り上げると以下のような意見が見られた。

  • 悪役になりきるロールプレイができない
  • アイテムのカスタマイズは個性的なプレースタイルを演出する上で非常に素晴らしいが、リロードなしで無限に発砲できるダブルバレルショットガンのような一部のやり過ぎた性能を持つレジェンダリーアイテムが台無しにしている。
  • 人々が生活するコロニーを自らの手で作れるのは面白いが、安全地帯にしか作れないため Wasteland で暮らしているというリアリティがない。
  • スキルシステムの改変によりRPGというよりFPS寄りのバランスになってしまったことが残念だ。
  • グラフィック、唇と発話の同期、アニメーションの出来が期待以下だった。
  • 少し歩いているとすぐに地形にハマり、ロード/リスタートを余儀なくされる。

このように、なかなか辛辣な意見が並べ立てられていたが、これには旧作のFalloutシリーズやSkyrim,Oblivionが優等生すぎたという側面もある。また、今作もMod(有志による大小様々な拡張)による世界の広がりには存分に期待できる。
むしろModやアップデートが全くない発売直後の不満点がこの程度で済んでいるというのは特筆に値すべきことかもしれない。悪人ロールプレイの制限というのは少し気になる所だが、戦闘バランスがお察しだったり、地形にハマったりという要素はある意味平常運転と言える。筆者としてはグラフィック系Modの登場に期待しつつ、ネタバレを食らわないよう平穏に日本語版の発売日を迎えたいところだ。

情報元


記事へのご意見、ニュースの提供などお気軽にFacebookまでお寄せください。

筆者は北の大地でグラボ(GTX980)に矢を受けてしまったのでWastelandにはまだ旅立てない(編集担当K)

Posted by 株式会社マイルストーン on 2015年11月10日

記事一覧へ戻る