JCG

▶︎ about JCG

HyperX、ゲーミングヘッドセットCloudシリーズ Xbox Oneなど据え置きゲーム機向けのカスタムモデルCloudXを発表

  • プレスリリース
  • PR

2016/01/08 14:53

HyperX、ゲーミングヘッドセットCloudシリーズ
Xbox Oneなど据え置きゲーム機向けのカスタムモデルCloudXを発表

世界最大のメモリメーカーKingston Technologyのハイエンド・ゲーミング指向ブランドHyperXは1月7日、同ブランドのゲーミングヘッドセットCloudシリーズにXbox向けの新モデルCloudXを加えることを発表した。発売は2016年第2四半期を予定しており、詳細なスペックシート等は後日公開される。今回は一先ず大まかな仕様の発表といったところだ。

CloudXは、既存のCloudシリーズでは最もハイエンドなCloud IIをベースに開発された。ドライバ径等は仕様変更なく53mmの大口径のものが採用されているが、音質についてはXbox Oneを開発するMicrosoft協力の下、Xbox One向けにチューニングを施したとしている。
また、CloudXはXbox Oneの公式ライセンスを取得している。従来のCloudシリーズをXbox Oneに接続する際には、専用のアダプタを別途購入する必要があったが、本モデルでは直接コントローラーの3.5mmプラグに接続するだけで使用可能となる。
従来のCloud IIでは音量やサラウンド等を手元で調整できるインラインコントローラーは、ヘッドセット本体から伸びる4極プラグではなく、USB延長コード側に搭載されていた(下図左側)。これはPCでの使用が想定された構造であり、あくまで4極プラグでの接続はおまけという内容だったが、CloudXではこのインラインコントローラー(※コントローラーの形状・仕様等が従来通りかは不明)がヘッドセット本体から伸びる4極プラグ側に搭載される(下図右側)。これにより、据え置きゲーム機で使用する際に手元での音量調節を容易に行うことができるようになった。Cloud IIの説明書より図を拝借すると下図の通りだ。尚、下図右側CloudXはリリースを元に筆者が編集したイメージ図だ。

その他、製品にはハードシェルキャリングケースが付属するなどコンシューマ機向け製品らしく持ち運びも意識されている。また、カラーリングも従来モデルにはなかった配色の白(グレー?)と黒のツートンカラーが採用されている。延長ケーブル、変換ケーブルなどの付属品については未発表だ。

配信元

記事一覧へ戻る