Blizzardの新作FPSタイトル『Overwatch』10月27日(火)よりクローズドベータテストを開始 BlizzCon以降に大規模なベータテストウィークエンドも実施予定

  • esports
  • eSportsトップニュース

2016/02/10 15:42

Blizzardの新作FPSタイトル『Overwatch』
10月27日(火)よりクローズドベータテストを開始
11月6-7日のBlizzCon以降に大規模なベータテストウィークエンドも実施予定

Blizzard Entertainmentが開発を進める新作FPSタイトル『Overwatch』のクローズドベータテストが今月末10月27日(金)よりスタートすることが同社より発表された。本テストでは、対応OSはWindowsのみとされている。

今回クローズドベータテストを実施するにあたって、同社はテストの最終的なゴールとして2つの目標を掲げている。第一に、Overwatchをチーム対戦型FPSとしてより完成した作品とすること。そのためにはゲームバランス・プレイフィールのフィードバックをより多くのテスターから得る必要がある。第二にサーバーなどのインフラを整備し、ストレスなくプレイ可能な環境を構築することだ。
この2つの目的を達成するために通常の『クローズドベータテスト』に加えて、週末限定でより多くの人数を集めてサーバー負荷を検証する『ベータテストウィークエンド』が開催される。
各テストの詳細は以下のとおり。

クローズドベータテスト

クローズドベータテストは限られた少数のテスターを対象に実施され、ゲームをプレイしてそのフィードバックを得ることを目的としている。テスト期間中は公式にベータフォーラムが用意される。そこで行われる登場するヒーロー・マップ・アビリティなどについての討論を通してゲームバランスに反映していくとのことだ。
このベータテストはいくつかのフェーズに分けて行われる。27日よりスタートする第1フェーズでは北米地域がテストの対象となっており、同社は「極めて少ない人数のテスターを募る」と発表している。また、ベータテストの進行と共にテスターの人数は拡大していく予定で、続くフェーズでヨーロッパ、その次にアジアへとテスト地域を広げていくとも述べている。

ベータテストウィークエンド

ベータテストウィークエンドは、どれだけの人数の同時プレイにサーバーが耐えられるか、所謂ストレステストとして基本的に週末限定で開催予定とされている。ウィークエンドテストには参加の条件などは設けられていないが、ゲームプレイのフィードバックを得ることを目的としていないため使用可能なヒーローやマップなどは制限される。
最初のベータテストウィークエンドは、11月6-7日に開催するBlizzCon以降になるとのことだ。

クローズドベータテストへの登録は以下のOverwatch公式サイト内クローズドベータテスト告知ページから可能だ。また、先日紹介したとおり本日27時より、クローズドベータテストで使用されるバージョンのクライアントを用いたデモプレイ映像が配信される(関連記事)。

Overwatch クローズドベータテスト告知ページ


情報元

記事一覧へ戻る