COUGARの専用ブース『COUGAR GAMING ZONE』が秋葉原ソフマップ本館内にオープン。ブース用のPCを組んでみた

  • COUGAR
  • esports
  • eSportsトップニュース

2016/03/28 18:02

COUGARの専用ブース『COUGAR GAMING ZONE』が
秋葉原ソフマップ本館内にオープン
ブース用のPCを組んでみた

3月26日(土)、COUGARは秋葉原ソフマップ本館4階に、同社の日本初となる専用ブース『COUGAR GAMING ZONE』をオープンし、そのオープン記念イベントを行った。
JCG Portalでは、ブース用PCの組み立てなど、メイキングから含めたフォトレポートをお送りする。

COUGAR GAMING ZONE オープン記念イベント

COUGAR GAMING ZONE オープン記念イベントでは、COUGARのブランドディレクター「Lio Huang(リオ・ホァン)」氏がプレゼンターとして登場。リオ氏は日本初のCOUGAR専用ブースをオープンできる喜びを語った。ちなみに海外では台湾・韓国で同様の専用ブースを展開しているとのことだ。

イベントには、ゲストとしてCOUGARがスポンサードするプロチームBLACKEYEより、CS:GO部門に所属するAsils選手とLoL部門のDeC選手が招かれた。二人が手に持っているマウスパッドは、ブースオープンと同時に発売された新製品「COUGAR ARENA Mouse Pad」だ。このブースのみでの限定販売となる。価格は税込3,434円だ。同時にこの夏発売予定の新製品、ヘッドセット「700H」と防水メカニカルキーボード「450K」のお披露目も行われた。700Hと450Kについて、この場ではその外観のみの発表に限られた。続報に期待したい。


ブース内には新製品のマウスパッドARENAを含めたCOUGARブランドの全製品が陳列され、実際に手にとって試すことができる。

本イベントの目玉(?)となるCS:GOプロ選手との対戦会だ。1on1でAsils選手との対戦に勝利すると先着で3名にCOUGAR 300Mがプレゼントされるというもの。会場では次々に挑戦者が名乗りを上げたが、のっけから本気のAsils選手相手に5名が立て続けに倒されてしまった。そこで、ハンデを設けた後半ではリベンジを果たす挑戦者の姿も見られた。

イベント後、ブースの柱にはリオ氏とチームBLACKEYEより直筆サインが記された。

今後、新製品発表などでこのブースが使用される他、通常はCOUGARデバイスの全製品の試用、備え付けのゲーミングPCを用いたCS:GOとLoLの試遊が可能なブースとなっている。ちなみに場所はソフマップ4階レジのすぐ隣だ。一度にすべてのCOUGAR製品を触れる貴重な場所となっているので、COUGARゲーミングデバイスを未体験の人は是非一度立ち寄ってみよう。

ブースPC組み立て

ここからはオマケとして、いろいろあってお鉢が回ってきたブース用のゲーミングPC組み立ての様子をご紹介しよう。PCのパーツ構成は下記の通りだ。

  • CPU: Intel Core i7-6700
  • M/B: ASUS Z170I PRO GAMING
  • RAM: HyperX Fury DDR4-2400MHz 16GB(8GBx2)
  • VGA: ASUS STRIX-GTX960-DC2OC-2GD5
  • SSD: HyperX Fury 120GB
  • 電源: COUGAR A500
  • PCケース: COUGAR QBX KAZE

ご覧のとおり、i7-6700にDDR4のOCメモリ、Z170チップセット搭載とかなりのハイエンド構成となっている。サクサクと組み上げていこう。

まずはマザーボードにCPU,CPUクーラー、メモリを組み付けた。mini-ITX規格ではマザーボードを組み込んだ後にこれらのパーツを組み付けるのは困難が伴う場合もあるので、可能な限りケース外で行うのが安心だ。
黒い基盤のマザーボードに黒いメモリを搭載するため、統一感のある見た目となった。蓋をすれば見えないわけだが。
ケースはmini-ITX規格ながら配線の自由度が非常に高く、この通り裏配線も自在に行える。ストレージはマザーボード裏に2.5インチが1基と、右サイドパネルの内側につける中蓋に2基取り付けることが可能だ。

グラフィックボードと、マザーボード裏にSSDを組み込んで完成だ。一見グラフィックボードが窒息しそうに見えるが、底面も防塵フィルタつきのメッシュが採用されているため、冷却に関しては問題無いだろう。天面・サイドパネルもメッシュ構造となるため、エアフローに関しては滞りないが、トレードオフとして内部で騒音が発生する場合、筒抜けとなってしまう。今回の構成ではセミファンレスのVGAに静音電源を搭載し、HDDを搭載していないため、騒音の問題はほぼクリアーしている。
実際のCOUGAR GAMING ZONEには今回組み上げたゲーミングPC(同じ構成で2台)が常設されることとなる。ハイエンドな環境でCOUGARデバイスを用いてCS:GOとLoLが試遊可能だ。

COUGAR 公式サイト

記事一覧へ戻る