いわゆる多機能版Chrome。国産エターナル青春系ブラウザ『Kinza』を使ってみた

  • JCG
  • JCGトップニュース

2016/04/27 17:33

いわゆる多機能版Chrome。国産エターナル青春系ブラウザ『Kinza』を使ってみた

国内で開発が進められているWindows向けのWebブラウザKinzaを紹介しよう。Kinzaはオープンソース・ソフトウェア「Chromium」をベースにDayz株式会社により開発されている。ChromiumはGoogle Chromeのベースともなっているため、KinzaとChromeはいわば兄弟関係にある。勿論その使用感も非常に似通ったものとなっており、ChromeユーザーならこのKinzaは特に頭を悩ませることもなく利用を開始できるだろう。

Kinzaは本日メジャーアップデートが実施され、Chromiumのビルド50.0.2661.87に対応した「Kinza 3.1.0」(対応OS:Windows 7/8/8.1/10)がリリースされている。このアップデートで実装されたのは主にサイドバー周りのユーザビリティ向上と「画像右クリックでのGoogle画像検索機能」、Windows Vistaのサポート終了だ。

Kinza 3.1.0 リリースノート


『大人の女性のための「スク水」』とかいう気になるフレーズが一発で飛び込んでくる非常に見やすいメイン画面。偶然だ。

Chromeとの共通点

タブブラウジングや軽快な動作という点でKinzaはChromeと同じと考えていいだろう。設定項目やブックマークの管理などもChromeに準拠し、Chrome同様にGoogleアカウントと紐付けることでブックマークや拡張機能の管理を一括して行える。ベースが同じであるため、拡張機能はChromeのものがほとんどそのまま流用可能だ。そういった意味でも、KinzaとChrome間で移行はスムーズに行えるし、設定が同期されるため併用することも可能だろう。

Kinzaの独自機能

Kinzaには大きく分けて3つの独自機能が備わっている。RSSリーダーとスーパードラッグ、そしてマウスジェスチャーだ。いずれも拡張機能や他のブラウザでは基本装備だったりするため、特別真新しい機能というわけではないが、それぞれシステムに組み込まれているだけあり柔軟に設定することができ、カスタマイズ次第では重宝するだろう。

RSSリーダー

一般的なRSSリーダーの機能を持つが、画像つきフィードに対応しないなど欠点も見られた。サイドバーとの連携でかなり見やすさには配慮されている印象だ。


スーパードラッグ

スーパードラッグはテキストリンクなどを左クリックでドラッグすることで設定した様々なアクションを行う機能だ。「上にドラッグ」「下にドラッグ」など16個のアクセス法が用意されており、「リンク先を新しいタブで開く」「リンク先をシークレットウィンドウで開く」「テキストまたはリンクをコピー」「名前をつけてリンク先を保存」などのアクションを割り当てることができる。極めて便利だ。


マウスジェスチャー

マウスジェスチャーはいわずと知れた機能だが、Kinzaでは右クリックとホイール、左右クリックの組み合わせで全20パターン。「タブのミュート」「アドレスバーにフォーカスを移動」など任意のアクションを割り当て可能だ。


所見

一通りの機能に加えて便利な機能を備えたKinza。スーパードラッグとジェスチャは使いこなせればかなり利便性が向上するはずなので、Chromeから移行する価値は十分にあるだろう。また、国内開発ということでフィードバックを伝えやすいのも魅力の一つだ。
一方で、Chromiumのバージョンアップに対してブラウザ自体のバージョンアップが遅れがちであり、セキュリティ面ではChromeに一歩劣るという弱点を持つ。また、インストール時におかしなファイルを仕込まれるということはなかったが、インストール先やファイルへの関連付けなど一切設定の余地なく自動でインストールが進められ、尚且つ一部ファイルの関連付けを勝手に上書きしてしまうという極悪な仕様も見られた。(なぜかアンインストール時に設定を元に戻す選択肢が・・・)

一通りの機能と拡張性を備えたKinza。今後の課題はやはりChromeとの差別化となるだろう。既に一定以上の利便性向上という成果は得られているので、如何にそれらを全面に押し出しつつ軽快さというかけがえのないものを失わずにいられるかというところになるのではないだろうか。個人的にはFirefoxの必須(※筆者個人の感想です)アドオン「TabMix」系のタブ拡張が備われば十分移行する理由になるのだが。

なお、一通り機能チェックを行ってみたがエターナル青春系ブラウザ要素は視認することができなかった。つまりこれまで信じてきた筆者の青春というのは、既にエターナルではなかったわけだ。

エターナル青春系ブラウザ『Kinza』公式サイト

情報元

記事一覧へ戻る