JCG

▶︎ about JCG

JCG CS:GO Premier 準決勝戦 RJAb vs GBN をレポート。『JCG BATTLE REPORT』第40回

  • CSGO
  • JCG
  • JCGトップニュース
  • BATTLEREPORT

2016/06/07 16:05

JCG BATTLE REPORT
JCG BATTLE REPORT:第40回

1週間のJCG大会が1ページで分かる『JCG BATTLE REPORT』、ほぼ毎週火曜日に更新中。
第40回はCS:GO部門のJCG Master 2016 Spring Season Finals Day2 を特集する。

過去1週間に開催した大会は以下の通りだ。リンク先から各大会の結果を確認することができる。

JCG Open

日付 大会名
6月2日(木) JCG OW Open Test CUP
6月3日(金) JCG CS:GO Open 2016 #8

JCG Master

日付 大会名
6月5日(日) JCG R6S PC Master 2016 #04
5月22日(日) JCG R6S PC Master 2016 #03

JCG Premier

日付 大会名
6月4日(土) JCG CS:GO Premier 2016 Spring 決勝トーナメント Day2
6月5日(日) JCG CS:GO Premier 2016 Spring 決勝トーナメント Day3
(次回特集予定)

JCG CS:GO Premier 2016 Spring 決勝トーナメント Day2

6月4日、JCG Premier 2016 Spring 決勝トーナメント Day2 を開催した。この日行ったのは[RJAb]RJ Absolute vs [GBN]Gabbana による準決勝戦。両チームは4月17日に行われた同大会グループステージのWinnersブラケット決勝戦にて一度対戦している。当時は16-3でRJAbの勝利に終わったが、決勝トーナメントへとステージを移し約2ヶ月という時はチームを変貌させるに足る時間であったことだろう。

JCG CS:GO Premier 2016 Spring 決勝トーナメント Day2 準決勝戦 RJAb vs GBN

記事中の画像はマウスオーバーで動画再生される。

第1マップ de_dust2

[GBN]Elvis選手が単独で敵チームの総ライフを半分以上削った上でトリプルキルのファインプレーを2回も見せるなど、GBN側から好プレーが多数飛び出して前半を11-4のGBNリードで終えた。 後半ではRJAbが持ち前のエイムを武器に粘るが、最終的には16-12でGBNが第1マップを獲得した。

第2マップ de_mirage

第2マップ前半ではRJAbの防御が厚く、GBNはそれを突破することができなかった。結果、12-3でRJAbが大差のリードを得て前半を終えた。
後半では初回ラウンドを制したGBNがclnGOD選手のAWPを中心に機先を制する形でラウンドを連取。12-10のスコアまで一気に追い上げた。しかしcrow-選手が出会い頭にElvis選手を討ち取ると投げ物を活かしたセットプレーでRJAbがAサイトを制圧。RJAbは後半初ラウンドを取得すると、流れを引き戻して第2マップの勝利に王手をかけた。

そして第29ラウンド、獲得ラウンドは15-13のRJAbリード。RJAbはここまでの経緯から装備が全く整っていない状況だが、ここでRJAbは策を掛ける。
グレネードを持ったReita選手とcrow-選手を陽動としてAサイトへ投入すると、ore選手とLaz選手がその裏からBサイトへ侵入。無抵抗で爆弾を設置した。最終的には装備差もあり1対2でGBN側に有利という状況になるが、 neth選手が2人抜きのクラッチで第2マップの勝利をRJAbにもたらした。

第3マップ de_cobblestone

第3マップ前半、RJAbはこれまで見せたロジカルなストラテジーをかなぐり捨ててエイムと人数を武器にプッシュという原始的な戦術に立ち戻ってラウンドを連取していった。

そして、第24ラウンドにしてスコアは15-8のRJAbのマッチポイント。Bサイトに仕掛けてきたGBNをLaz選手が柱を上手く使って捌いた。こうして余力を残す形で、GBNの最後の攻勢を凌いだRJAbが最終スコア16-8で第3マップを制し、2ラウンド先取によりこの試合の勝者となった。


個々の連携で上手に見えたGBN。第1マップではそれが見事に活きてグループステージでの敗北のイメージを払拭できた。第2マップでは前半RJAbにリードを許しながらも最後まで食らいつく姿勢を見せた。最後の第3マップではチーム本来の持ち味である個の強さと思い切りのよさを前面に押し出したRJAbが逃げ切ったという形だ。
両チーム共に直前の対戦から様々な部分で成長が見られ、各チームから要所要所でファインプレーが飛び出して盛り上がりを見せるシーンもあり、試合全体としては非常に質の高い良い試合だったと言える。

JCG CS:GO 大会サイト


編集後記

今回ご紹介しました大会の配信録画はJCGのYoutubeチャンネル、『JCG tube』にて順次公開しております。そちらも合わせてお楽しみください。
JCG Tube

次回、JCG BATTLE REPORT 第41回は、6月14日(火)に掲載予定です。

JCG BATTLE REPORTのバックナンバーはこちら!

記事一覧へ戻る