JCG

▶︎ about JCG

ゲームPC「GALLERIA」シリーズで知られるサードウェーブデジノスが日本eスポーツ協会(JeSPA)の オフィシャルスポンサーに。

  • GALLERIA
  • esports
  • eSportsトップニュース
  • JeSPA

2016/06/21 16:02

<以下、発表元のリリース内容をそのまま掲載します>

サードウェーブデジノスが日本eスポーツ協会の
オフィシャルスポンサーに
~ゲームPC「GALLERIA」シリーズで知られる同社がeスポーツを応援~

株式会社サードウェーブデジノス(本社:東京都千代田区/取締役社長:田中基文)はこの度、一般社団法人 日本eスポーツ協会(略称:JeSPA/会長:西村康稔、事務局:東京都渋谷区)のオフィシャルスポンサーとして、eスポーツの発展を後押ししていただくこととなりました。

海外のみならず、日本でも多くの大会が開かれ、競技人口も増加傾向を続けるなど、eスポーツシーンはかつてない盛り上がりを見せています。JeSPAではこうした動きをさらに加速させ、日本のみならず世界に通用する選手を育成するために、さまざまな活動を行っています。
株式会社サードウェーブデジノスは、PCゲームを楽しむためのゲームPC「GALLERIA(ガレリア)」シリーズを展開しています。最新のPCゲームは4K対応などにより、要求性能が上がりつつありますが、同シリーズならば、そうしたハイスペックゲームの要求にも対応可能です。また、価格帯もエントリー向けからハイエンドまでバラエティに富んでおり、多くのプレイヤーが愛用していることでも知られています。ゲームプレイのプラットフォームを提供する同社では、eスポーツの振興というJeSPAのミッションに共感し、今回のスポンサーシップを決めました。
同社取締役社長田中基文様はスポンサーシップに関して「eスポーツの近年の盛り上がりとともに、弊社のゲームPCが果たす役割も大きくなっています。今後、JeSPAとともに日本におけるeスポーツをますます充実させ、プレイヤーがストレスなく競技に集中できるPC環境づくりに邁進したいと考えています」と話しています。

eスポーツとは?

「eスポーツ(e-sports)」とは、「エレクトロニック・スポーツ」の略で、広義には電子機器を用いて行う娯楽、競技、スポーツ全般を指す言葉であり、コンピュータゲーム、ビデオゲームを使った対戦をスポーツ競技として捉える際の名称です。
世界の競技人口は1億人以上で、アジアオリンピック評議会主催の室内競技大会では2007年から正式種目となっています。アメリカや韓国などにはプロリーグがあり、年間1億円以上を稼ぐトッププロも存在します。2015年8月に米シアトルで開かれた『The International 2015』という大会での賞金総額は22億円にのぼり、FIFA(国際サッカー連盟)では毎年『FIFAインタラクティブワールドカップ』を開催し、優勝者はFIFAバロンドール式典に招待されるなど、欧米では社会的にも認知されています。日本でも今年4月から東京アニメ・声優専門学校(江戸川区)が、プロのゲーム選手を養成する学科をスタートするなど、にわかにシーンが活性化しています。

株式会社サードウェーブデジノスについて

パソコンショップ「ドスパラ」(全国22店舗・ウェブ通販)を運営する株式会社サードウェーブより、コンピューター機器等の製造事業部門を分割し、2012年8月1日設立。
サードウェーブグループの国内生産BTO(Build To Order)パソコンメーカーとして、ハイパフォーマンスなゲームPCブランド「GALLERIA(ガレリア)」からベーシックなモデルまで、企画、製造および販売を行っています。
GALLERIAは、ゲーム開発やビッグタイトルの発表会やイベントなどでも採用されており、PCゲーマーからもゲームメーカーからも厚く信頼されているゲームパソコンのブランドです。今年3月にJeSPAが主催した「第1回日本eスポーツ選手権大会」にもご協賛いただいています。

株式会社サードウェーブデジノス 公式サイト

日本eスポーツ協会について

「日本eスポーツ協会(Japan e-Sports Association: JeSPA)」は、2007年に「日本eスポーツ協会設立準備委員会」として立ち上がり、2015年4月に一般社団法人として正式に発足しました。協会では、eスポーツシーンを盛り上げることによって競技者を育て、eスポーツを青少年の健全な育成につなげていくことを目指しています。また、まだ日本で根強い“ゲーマー”に対するマイナスイメージを払拭し、ゲームプレイヤーを「アスリート・ゲーマー」として日本のみならず世界に通用する選手へと育成していきます。
今年3月12~13日には「第1回日本eスポーツ選手権大会」を主催し、来場者1,000人以上、インターネットでの観戦者数13万人以上を記録しました。来年2月には第2回を開催することが既に決まっています。また、2017年にはトルクメニスタン・アシガバードで第5回アジア室内競技大会が開かれますが、日本オリンピック委員会(JOC)に加盟し、同大会に選手を派遣することが、JeSPAの目標のひとつです。

JeSPA 公式サイト

情報元

記事一覧へ戻る