【WEBROOT】ゲームのデータを人質に身代金を要求するマルウェアが発見される

2015.04.06

<発表元からのリリース内容をそのまま掲載しています>

ゲームのデータを人質に身代金を要求するマルウェアが発見される
 

ゲームで使用するデータを「人質」にして身代金を要求する「ランサムウェア」が新たに発見されました。

ランサムウェアとは身代金を要求する「マルウェア」の一種であり、これに感染したコンピュータはシステムへのアクセスを制限され、「制限を解除したいなら代金を支払え」などと、身代金を要求されます。
新たに発見されたランサムウェアは「TeslaCrypt」と呼ばれており、このランサムウェアにより20種類以上のゲームが脅威にさらされていることが明らかになっています。TeslaCryptは感染しているサイトやブログを閲覧するだけで実行ファイルを強制的に送り込み、パソコン内に入り込みます。


※感染すると上記のような画面が登場し、身代金を要求されます。

TeslaCryptが暗号化するデータは、ゲーム上のユーザープロフィールやセーブデータ、マップ、Modなどです。また、ほとんどの場合でゲームを再インストールしても人質にとられてしまったデータを修復することはできません。

このような被害に遭わないためにもセキュリティソフトの利用をおすすめします。
ウェブルートの「アンチウイルス for ゲーマー」は、ゲーマーのためにゲーマーが開発したセキュリティ製品です。ゲーマーが気にするシステムのスローダウンやラグなどの「重さ」を全く意識させない「業界最軽量」のセキュリティソフトで、非常にお求めやすい価格で販売されています。

■製品名:ウェブルート アンチウイルスforゲーマー 1年1台版
■定価:1,980円(税込)
http://s.shop.vector.co.jp/service/servlet/Catalogue.Detail.Top?ITEM_NO=SR374541


配信元:ウェブルート株式会社

タグ: プレスリリース ウェブルート

大会スポンサー

おすすめ製品

JCG運営サイト

SV

R6S PS4

R6S PC

Honor

OW

FH

LoL

Challenge

コミュニティサイト

LoLcom

SC2com

OWcom

HW2com