JCG Shadowverse Open 2nd Season Vol.19 結果速報

  • トップニュース
  • OPEN
  • SV
  • 大会結果

2017/04/02 15:52

予選ブロック結果

予選トーナメントは1グループ16名、16グループ構成で行われました。
各グループのトップのプレイヤーが決勝トーナメントに進出となります。

画像をクリックすると拡大表示できます。 

A大会(2pick) B大会(通常)

  

予選グループBのリーダー使用率は、以下の通りとなりました。

決勝トーナメント結果

A大会(2pick)結果


予選トーナメントから各グループの優勝者がマッチアップされました。

見事に勝ち抜いたのは……

 

ねぎみそ選手でした! おめでとうございます!

 

B大会(通常)結果

予選トーナメントから各グループの優勝者がマッチアップされました。

見事に勝ち抜いたのは……  

澤村スペンサー英梨々選手でした! おめでとうございます!

澤村スペンサー英梨々選手が使用したデッキはこちらからご覧いただけます。

リーダーのアイコンをクリックするとポータルサイトへ移動します。

また、決勝トーナメントでのリーダー使用率は、以下の通りとなりました。




 

新カードパック、「神々の騒乱」が発売されてから初週、2回目の大会となりました。
この新しい環境で、皆様、思い思いのデッキを作って楽しんでいることだと思います。
 

パックがリリースされるまでは、ヴァンパイア最強説がまことしやかに囁かれて、リリース後も多くのプレイヤーが研究に勤しんだことかと思いますが、いまいちの使用率です。

一方で同じ頃、次期オワコン説が濃厚であったネクロマンサーは、大健闘しています。
≪骨の貴公子≫というカードを手に入れたネクロマンサーは、「バハムート降臨」以前よりあった、アグロネクロを発展させ、現環境に臨んでいるようです。

また新レジェンドカードである≪魔将軍・ヘクター≫も、強力なカードとして評価されています。フィニッシャーとして使うもよし、相手の防備を打ち崩すもよし、存在するだけで強力なプレッシャーを与えられるカードと言えるでしょう。不死の軍団を永遠と展開させる昨今のネクロマンサーは、実にリーダーコンセプトにマッチした動きをこなしています。


そして、期待通りの活躍を見せているリーダーを忘れてはいけません。
ドラゴンです! 追加された2枚のレジェンドカード、≪水竜神の巫女≫≪ウロボロス≫は燦然と輝きを見せています。≪水竜神の巫女≫はランプドラゴンのPPブースト(および減少した体力の補充役)を支える屋台骨として多くのデッキで3枚採用されています。

もう1枚の≪≪ウロボロス≫は無限リソース。ドラゴン版≪デュエリスト・モルディカイ≫と言ってもいいでしょう。敵を焼きながら自分自身の体力を回復していく、八面六臂な動きをこなすカードです。

未だランプドラゴンのベストな構築は見つかっていないようで、先述したウロボロス系、疾走系、サタン系と、様々な形で、多くのプレイヤーが研究を重ねているようです。


エルフ、ウィッチも競技シーンですと、依然として姿が多く見られます。やはり遅めのデッキ相手に優位が取りやすい、白銀白狼エルフと超越ウィッチが多いでしょうか。

今回の追加カードで期待の声が大きかった土ウィッチは、いまいちな印象が拭えません。エルフに関しては、あえて新カードを多数組み込まず、安定感のあるデッキを使っている方が多いですかね。


さて、残ったビショップとロイヤルですが、この2リーダーは、予選での使用率がそれなりに高い割に、決勝トーナメントでの使用率が低いという特徴を持っています。

ビショップには≪ヘヴンリーイージス≫という、最強のフィニッシャーが与えられました。絶対破壊されることが無く、消滅されることもないという、にわかには信じがたいフォロワーです(≪深き森の異形≫にも、同じ気持ちを抱きました。筆者は未だ1回も遭遇していません)。

このカードに対し、憎悪を燃やしているプレイヤーも一部にはいるかもしれません。ランクマッチだと比較的よく見かけるのですが、競技シーンで頻出の超越や白銀白狼に、どうあがいても勝てない。ここがビショップの弱みでしょうか。


最後に残ったのがロイヤルです。≪旅ガエル≫を強化して戦う、アグロ寄りのロイヤルを使っているプレイヤーを見かけます。上手く刺されば強いのですが、全体除去に弱い上、≪旅ガエル≫が引けないと、ただの劣化アグロロイヤルになってしまいます。

≪不滅の英雄・ローラン≫等を用いて、コントロール寄りの構築に関しても、いまいちぱっとしません。この状況は≪円卓の騎士・ガウェイン≫が解禁されて、変化することはあるのでしょうか?
今までのシャドウバースの歴史を鑑みると、シーズン中盤から終盤にかけて芽を現してくるのがロイヤル。まだまだあきらめずに、優れたデッキ構築を探してみてください!


以上、長文になりましたが、「神々の騒乱」初週大会の結果速報となりました。
最後まで読んでくれた方、本当にありがとうございました。


また、昨日の大会より2pickの大会の景品が変更され、賞金制の大会となりました!
詳しい発表はこちらの大会告知をご覧ください。

今後もJCG Shadowverse Openを宜しくお願い致します。

記事一覧へ戻る