レインボーシックスシージ Japanプロリーグシーズン8 プレイオフ結果

  • R6S
  • ESL
  • 大会結果

2018/09/14 4:25

season3.png

「レインボーシックスシージ Japanプロリーグシーズン8」、プレイオフの様子を振り返ってみましょう!

第1試合 野良連合(日本予選1位) vs CYCLOPS athlete gaming(日本予選4位)

野良連合 CYCLOPS athlete gaming
1st BAN クラブハウス 海岸線
1st PICK 国境 銀行
2nd BAN ヴィラ 国境
3rdマップ オレゴン

第1マップ「国境」

野良連合 4-6 CYCLOPS athlete gaming

下馬評を覆し、CYCLOPS athlete gaming がアダルトな面を見せ2ラウンド先取。 その後も勢いそのまま日本予選1位野良連合に勝利しました。

第2マップ「銀行」

野良連合 6-0 CYCLOPS athlete gaming

CYCLOPS athlete gamingがモンターニュを使用した戦術をみせましたが野良連合には刺さらず、5ラウンド全て取られてしまいました。

第3マップ「ヴィラ」

野良連合 6-2 CYCLOPS athlete gaming

前日にeiNs戦でみせた戦術を使ってきた野良連合。CYCLOPS athlete gaming は危険箇所などは理解していたものの、マップ研究度に差がでたのか野良連合がラウンド連取して、日本代表となりました。

第2試合 Sengoku Gaming Extasy(日本予選2位) vs eiNs(日本予選3位)

Sengoku Gaming Extasy eiNs
1st BAN 国境 銀行
1st PICK 海岸線 領事館
2nd BAN 銀行 オレゴン
3rdマップ クラブハウス

第1マップ「海岸線」

Sengoku Gaming Extasy 6-3 eiNs

eiNsが「劇場・ペントハウス」守りで日本一固いと解説に言わせる守りを見せつけるもYoshiNNGO選手がスーパープレイなどみせ勝利しました。

第2マップ「領事館」

Sengoku Gaming Extasy 6-2 eiNs

eiNsが「CLASH」や領事館の新ボム場所守りをみせるなどしてきたが、1つ1つ対応して勝利していきました。

結果

APAC進出をしたのは、「野良連合」「Sengoku Gaming Extasy」となりました、おめでとうございます!

配信アーカイブ

uid021411_20180406135051f1241802.jpg

uid021411_20180406135045dad267c5.jpg

記事一覧へ戻る