Open Vol.14 優勝者 rink選手 デッキ解説&インタビュー

  • トップニュース
  • OPEN
  • interview
  • SV

2016/10/03 18:06

シルバーウィーク真っ最中の開催となった9月18日、JCG Open vol. 14。
本大会の優勝はrink選手でした!

rink選手が使用した2つのデッキは、人気のデッキ「冥府エルフ」と「ランプドラゴン」でした。

デッキ1 冥府エルフ

《収穫祭》を採用している冥府エルフです。《エルフプリンセスメイジ》を含めるなど、独自の調整も入っていました。

 

デッキ2 ランプドラゴン

強力な高PPフォロワーを多数取り入れたランプドラゴンです。また、コンボとして《ダークドラグーン・フォルテ》《ウルズ》が3枚ずつ採用されています。vol.7優勝者のcharo選手も取り入れていました。

 

 rink選手へのインタビュー

今回使用したデッキとその理由を教えてください。

冥府エルフはどのリーダーにも有利または、互角以上が取れるので採用しました。

そしてランプドラゴンは一番ランクで使っていたので採用しました。

 

デッキ構成で特にキーとして採用したカードはありますか?

意識して採用したのは、ドラゴンの《プリズンドラゴン》 3枚と《グリムリーパー》です。

ランクでアグロに勝てないので、ゲームを後半戦にもつれこませるために入れています。

 

攻撃不能だが守護を持つプリズンドラゴンと
覚醒状態なら+1/+1して、守護を持つグリムリーパー

  

本大会に向けた調整方法を教えてください。

調整方法は、とりあえずランクで回す前に、強い人の生放送や動画を見ていました。

特に冥府エルフは今月初めて使ったのですが、他の人のプレイをみて回し方のコツをつかんだり、動画を一時停止して、自分ならこのプレーかな、と考えてから答え合わせみたいなことをやってました。

 

今回の大会で印象に残った試合はありますか?

印象に残ったのは、準決勝のintegralさんとの試合です。よく放送を見させてもらっていたので、参考にしていました。

integral選手は「冥府エルフ」「超越ウィッチ」を使っていました。

 

優勝できた一番の勝因は何でしょうか?

今回は、劣勢な場面でも割り切って強気な行動をすることが多かったのですが、それが全部良い方向にでたことが勝因でした。一発勝負の大会なので、負けそうな時はガンガンいくって最初から決めていました。

あとドラゴンが何故か全勝したことです。けっこう事故ること多いのですが、今大会は引きに恵まれました。

 

デッキ構築には改善の余地がありますか?

今ビショップが少なくてウィッチとエルフが多いイメージなので、ドラゴンはサタン型ではなく疾走型のほうが良いかなと思いました。

疾走ドラゴンはあまり使いなれてないので今回は採用しませんでしたが、今後取り入れるかもしれません。

 

最後に、今後の目標を教えてください。

目標はとりあえずマスターランクですかね。近くでオフラインの大会もあれば出たいと思います。

 

最後に

今までインタビューした方の中では、非常に独特の調整法を実施されていました。今月から冥府エルフを使い始めたにも関わらず使いこなし優勝できたのは、この調整方法により自分のプレイしないデッキへの造詣も深まったからかもしれません。

 

rink選手、ありがとうございました!

 

記事一覧へ戻る