Open vol.16 優勝者 kz74選手 デッキ解説&インタビュー

  • トップニュース
  • OPEN
  • interview
  • SV

2016/10/11 15:01

新パック発売前最後の大会となった、9月25日、JCG open vol.16。
本大会で見事勝利したのはkz74選手でした。おめでとうございます!

kz74選手が使用した2つのデッキは、「コンボエルフ」と「アグロネクロマンサー」でした。

デッキ1  コンボエルフ

エルフの特徴である《フェアリー》を大量展開することで勝利することを目的としたデッキです。エルフの定番のフィニッシャーである《リノセウス》の他にも、複数場にいる《フェアリー》を有効活用する《ブレスフェアリーダンサー》《風神》で一気にダメージを稼ぐことが出来ます。

 

デッキ2      アグロネクロマンサー

序盤から丁寧にフォロワーを展開してダメージを稼ぐのはアグロデッキの定石ですが、ネクロマンサーはラストワードを持つフォロワーのお陰で攻撃の手が途切れにくくなっています。また、《ファントムハウル》《カースドソルジャー》などの盤面以外からでもダメージを生み出す仕掛けも搭載されており、非常に相手しづらいデッキと言えるでしょう。

 

kz74選手へのインタビュー

今大会で使用したデッキについて教えてください。

普段ランク戦でコンボエルフを使用しているので、エルフは外せませんでした。

他のリーダーは使用していないので、もう1つのリーダーには、使いこなせそうなアグロネクロマンサーを選びました。アグロネクロマンサーは手札が多くならないため1ターンの選択肢が限られるので、比較的単純なデッキだと考えました。とは言え、とどめを刺せるタイミングを逃がさないようにプレイすることが勝利へとつながりますので、常に相手のライフは意識していました。

冥府エルフが強いと言われている環境でも、コンボエルフで勝ちあがれると思っていたのでそれが示せたらという思いを抱きながら大会に臨みました。コンボエルフにはそれだけこだわりを持っています。

 

コンボエルフについて詳しく教えてください。

 コンボエルフは、ランク戦でも使用しており、デッキ40枚の中の38枚は、ここ2週間くらい変えていません。

この38枚は、バランスの取れた38枚だと思っています。 

3ターン目の《エンシェントエルフ》と5ターン目の《風神》を最大限活用したい、というコンセプトでデッキをつくりました。普段のランク戦では、守護フォロワーを出さない超越ウィッチに強いため、《エンジェルバレッジ》2枚ではなく《ギルガメッシュ》を入れています。


相手のリーダーと相手のフォロワーすべてに1ダメージを与えるエンジェルバレッジと
疾走を持つフォロワーのギルガメッシュ

 

今回の大会で、その枠を《エンジェルバレッジ》に変えた理由は、2リーダー使用なのでネクロがウィッチには勝てるだろうと考えたからです。コンボパーツとして採用したわけではないので他のカードに置き換えてもいいかもしれません。《ダンジョンフェアリー》がその候補の筆頭です。

ファンファーレで自分のフォロワー1体か自分のアミュレット1つを手札に戻す。

 

《リノセウス》《ブレスフェアリーダンサー》は何度も使い回すことで絶大な効果を発揮しますが、それをサポートするカードとしてフォロワーを手札に戻すことができる《ダンジョンフェアリー》は重宝します。

 

優勝出来た一番の勝因は何ですか?

私は、環境に合わせて使用リーダーやデッキコンセプトを変えるということをあまりしていないので、今の早いデッキが強い環境と自分の使用しているデッキがうまく噛み合ったということが一番の要因だと思います。

また、冥府エルフに対して、《収穫祭》が弱体化されたことにより相性が良くなったのも理由の一つです。


以前はコスト2だった収穫祭

 

以前の《収穫祭》は序盤から使用することができたため、冥府エルフの基盤として簡単に追加ドローによってカードを回転されてしまいました。今はどんなに早くても中盤以降での《収穫祭》使用か、もしくは不採用となっており、冥府エルフ自体が立ち上がりに時間がかかることが多くなっています。

 

今後の目標を教えてください

また大会で優勝したい、とかマスターランキングで何位になりたい、というような具体的な目標はありません。新しいパックが出て、いろいろと変わるであろう環境をプレイヤーとして楽しみたいと考えています。

楽しみながらも強いデッキができたと自信が持てた際には、またこういう大会に参加したいと思います。

 

kz74選手ありがとうございました!

 

記事一覧へ戻る