JCG

▶︎ about JCG

Open Vol.19 優勝者 apple選手 デッキ解説&インタビュー

  • トップニュース
  • OPEN
  • interview
  • SV

2016/10/19 9:00

新パック発売から1週間後となった10月8日開催のJCG Open vol.19。

本大会の優勝者は、apple選手でした!

apple選手が使用した2つのデッキは、「アグロヴァンパイア」と「テンポエルフ」でした。

デッキ1 アグロヴァンパイア

ダークネス・エボルヴの新カードである《吸血姫・ヴァンピィ》《貴き血牙》を採用している《フォレストバット》を軸としたアグロデッキ。《フォレストバット》を展開しながら相手リーダーにダメージを与えることができる《吸血鬼の古城》を最大限活用する内容になっています。

回復や守護の少ない相手であれば、簡単に押し切ることができる火力を持っています。

 

デッキ2 テンポエルフ

ダークネス・エボルヴ実装により大幅な強化を受けたデッキです。《フェアリー》を場に多く展開してから《風神》《エルフナイト・シンシア》による攻撃力アップで大ダメージを狙っていきます。プレイ感は、選択肢の増えたロイヤルと言えるかもしれません。

《エルフの少女・リザ》を使うことで苦手な《エンジェルバレッジ》などによる全体ダメージを無効にすることができるようになり、さらに隙のないデッキとなりました。

 

apple選手へのインタビュー

今回使用したデッキとそのデッキを選択した理由を教えてください。

個人的にアグロヴァンパイアは、エルフ以外にはほぼ負けないリーダーだと考えています。そのため、確実に1勝することができると思い、アグロヴァンパイアを選択しました。

テンポエルフは、普段からランク戦などで使用していて使い慣れているので選択しました。

 

デッキ構成で特にキーとして採用したカードはありますか。

アグロヴァンパイアには《ミッドナイトヴァンパイア》を3枚採用しました。

ファンファーレで自分の《フォレストバット》全てを+1/+0する

《フォレストバット》を場に展開することが多いデッキなので、よりダメージを与えることができるように入れました。大会では、とてもよく活躍してくれました。

 

テンポエルフで入れたカードは、《エンジェルバレッジ》です。これは、エルフ同型、ヴァンパイアの存在を意識して採用しました。《エンジェルバレッジ》の採用により、これらのデッキへの勝率がよくなったと実感しています。

相手のリーダーとフォロワーに1点ダメージを与える

 

本大会に向けた調整方法を教えてください。

友人とルームマッチで対戦したり、ランク戦で大会用のデッキを使用していました。特に他の人と違うような調整はしていないと思います。

 

今回の大会で印象に残っている試合はありますか?

決勝戦の3本目の試合です。こちらがヴァンパイアで相手がエルフを使用している試合で、接戦の末、デッキトップで《吸血鬼の古城》を引かないと負けてしまうという場面があったのですが、そこで見事《吸血鬼の古城》を引くことができたので、勝ちました。優勝がかかっている最後の試合だったので、とても印象に残っています。

自分の場に《フォレストバット》がいる状態で、ターンを終了した場合もう1体《フォレストバット》を出す。
ターン終了時、自分の場に《フォレストバット》を含めてカードが4枚あった場合
相手のリーダーに「自分の場の《フォレストバット》の数」と同じダメージを与え、このカードを破壊する。

 

最後に、今後の目標を教えてください。

まだAA0ランクなので、ランク戦を頑張ってmasterランクになりたいです。

 

最後に

JCG Open 始まって以来初の、ヴァンパイアを選択しての優勝でした!ヴァンパイアは、《吸血姫・ヴァンピィ》などの追加により新パック発売後、注目度があがっています。

今回の結果を受けてヴァンパイア使用者も増えるのでしょうか?今後がとても楽しみです。

 

apple選手、ありがとうございました!

 

記事一覧へ戻る