JCG

▶︎ about JCG

11/15(日) JCG Premier 2015 Winter 決勝トーナメント トラブル対処リスト、以降の大会途中離脱に対する処理について

  • Premier
  • OpenClass
  • MasterClass
  • BF4

2015/11/20 14:55

 11月15日(日)に開催した、JCG Premier 2015 Winter決勝トーナメントにて発生したトラブルに対しての、対処リストをお知らせします。

棄権・途中離脱・遅刻チームについて

以下のチームは、参加表明して参加していたにも関わらずJCG Premier大会を途中離脱したため、大会ペナルティ《レベル1》「警告」を科します。また、チームおよび所属プレイヤーは、JCG大会共通ルールに従って次シーズンJCG MasterおよびJCG Premierへの出場が禁止となります。

  • RE BOOT(途中離脱)
    • kalumen 選手
    • ReBoot-F 選手
    • ReBoot-JKJ 選手
    • ReBoot-LBN 選手
    • ReBoot-MAZIDE930 選手
    • ReBoot-SKYLY27 選手

以降の大会途中離脱に対する処理の方針について

JCGでは途中棄権をしたチームを失格として扱います。その際大会の進行を損なわず、かつ失格チームの次点に位置するチームが次の対戦に参加できるように、大会途中離脱が発生した場合は以下の処置をとるものとします。(11/22 JCG Premier 2015 Winter 決勝トーナメント Day2から適用

大会への途中棄権についてのルール

  • 個人参加制の大会については、追加で参加者を募集する場合があります。ただし、チームメンバーの同意がある場合は、少ない人数で試合を行ってかまいません。
  • チーム参加制のトーナメント形式大会については、離脱したチームの離脱直前の試合結果を無効とし、対戦相手の勝利として繰り上げます。ただし、繰り上げチームが何らかの理由で当該試合に出場できない場合、不戦敗とします。その際繰り上げチームにペナルティは特に発生しません。繰り上げチームが当該試合を勝ち上がり、続く試合で離脱した場合はペナルティの対象となります。
  • チーム参加制のリーグ形式大会については、離脱したチームのすべての試合を対戦相手の不戦勝として扱います。得失点は実際の試合結果に関わらず全てゼロとして扱います。
  • チーム参加制の大会で、グループリーグを勝ち上がったチームが決勝トーナメント開始前に離脱した場合は、同じグループの下位のチームが繰り上がり出場となります。繰り上がりチームが何らかの理由で出場できない場合は、より下位のチームが順次繰り上がりします。同順位などで繰り上がりチームが特定されない場合、または、それ以上同じグループに出場できるチームがいなかった場合は、それ以上の補填は行いません。
    なおこの繰り上がりチームが何らかの理由で出場できない場合でもペナルティは特に発生しません。ただし、一回戦を勝ち上がり、続く試合で離脱した場合はペナルティの対象となります。
    離脱が決勝トーナメントの組み合わせ発表後であった場合、離脱チームのブラケットに補填するものとし、組み合わせの再抽選は行いません。

 

以上、JCG大会へ参加される皆様は、ご確認のほどよろしくお願いします。

 

記事一覧へ戻る