JCG

▶︎ about JCG

『Smite World Championship』の賞金総額が213万ドルを突破、eスポーツ史上3番目に賞金額が高い大会に

  • negitaku
  • esports
  • negitaku_esports

2014/12/23 23:34

SMITE World Championship

2015年1月9日から3日間アトランタで開かれる『Smite World Championship』の賞金総額額が213万ドルを突破し、eスポーツ史上3番目に賞金額が多い大会となることが明らかになりました。

Smite World Championship

『Smite World Championship』ではスポンサーからの資金以外に、期間限定で購入可能なスキン等のゲーム内アイテムの購入に200Gemが使用されると、賞金総額が1ドル増える仕組みとなっています。

元々の大会賞金は60万ドルでしたが、この仕組みにより賞金総額が213万ドルを突破したことをゲームの開発会社Hi-Rez Studiosの社長がツイートしています。

賞金総額ランキング

  • 1位: The International 4 (DOTA2) – $10,931,103
  • 2位: The International 3 (DOTA2) – $2,874,407
  • 3位: Smite World Championship – $2,130,000以上
  • 4位: League of Legends 2014 World Championship – $2,130,000
  • 5位: League of Legends Season 3 World Championship – $1,970,000

大会は下記のスケジュールで実施予定です。

スケジュール (日本時間)

2015年1月10日(土)

  • 02:00 #1 We Love Bacon [vs] DID
  • 05:30 #2 OH MY GOD [vs] NAME NOT FOUND
  • 09:00 #3 Cognitive Prime [vs] Winner of Match

2015年1月11日(日)

  • 00:30 #4 SK Gaming [vs] Winner of Match 2
  • 04:00 Semifinal 1 Titan [vs] Winner of Match 3
  • 09:30 Semifinal 2 Cognitive Red [vs] Winner of Match 4

2015年1月12日(月)

  • 00:30 3位決定戦
  • 04:30 決勝

情報元

記事一覧へ戻る