JCG

▶︎ about JCG

アサシンクリードシリーズなどを手がけるUbisoftがマレーシアにテーマパークを建設する計画を発表

  • esports
  • eSportsトップニュース

2015/09/10 20:34

アサシンクリードシリーズなどを手がけるUbisoftが
マレーシアにテーマパークを建設する計画を発表

UBISOFT

アクションゲームの『アサシンクリード』やJCGでも大会を開催した『The Crew』などの人気タイトルを手がけるUbisoftが、公式ブログで次世代型テーマパークの計画を発表した。

計画では、F1の開催地としても有名なマレーシアのクアラルンプールに、1万平方メートルの広大な室内型テーマパークを建設するというもの。
自社タイトルのインタラクティブなアトラクションやショーなどを中心とした内容となり、2020年にオープン予定。
Thea Awardベストアトラクション部門で賞を受賞したライド型アトラクション『The Rabbids Time Machine』を手がけたチームがアトラクションの設計に関わり、現地のデベロッパーである『RSG』と協力してテーマパークを作り上げていく。


※『The Rabbids Time Machine』参考動画

Ubisoft Motion PicturesのプロジェクトリーダーJean de Rivieres氏は「全ての来場者がゲームのヒーローになれる場所を目指しています」とコメント。

2020年というとちょうど東京オリンピックの開催年だが、このUbisoftの次世代型テーマパークにも要注目だ。

情報元

記事一覧へ戻る