JCG

▶︎ about JCG

国内eスポーツ大会『RAGE』の競技タイトルとして新たに『Shadowverse』が採用。賞金総額700万円のオフライン大会は2016年10月開催予定

  • esports
  • eSportsトップニュース
  • 国内
  • Shadowverse
  • 大会

2016/08/01 16:25

国内eスポーツ大会『RAGE』の競技タイトルとして新たに『Shadowverse』が採用
賞金総額700万円のオフライン大会は2016年10月開催予定

eスポーツ大会「RAGE」を運営する株式会社CyberZは本日、RAGEの新競技タイトルとしてスマホカードバトル『Shadowverse』を採用することを発表した。RAGEではこれまで、Vainglory、ストリートファイターVを競技タイトルとして採用しており、今回新しく採用されたShadowverseは3タイトル目となる。

Shadowverseを採用した第一回目のオフライン大会は2016年10月の開催が予定されており、賞金総額は700万円。内優勝賞金は400万円とされている。大会は参加無料のオープン大会で、運営側が用意した端末を試用するため、所持カードによる有利不利のない大会となる。その他、大会の詳細についてはRAGE公式サイトにて後日発表予定とのことだ。

RAGE 公式サイト

情報元

記事一覧へ戻る